4月22日スタートのドラマ「ブラックペアン」を視聴した。

このドラマは海堂尊原作のブラックペアンをドラマ化した作品で、腕は立つが論文は書かずに身分の低い外科医が金と引き替えに難易度の高い手術で医者たちを失脚させていくストーリーである。
人を救う医者が金で人を救うという現実にどう向き合っていくべきなのか?

論文さえ書けば理事長候補にもなれるほどの腕がありながら出世は望まず教授の下で手術を担当する。教授とは相性が良いのかは定かではないが、教授によって活かされている側面がある。そんな中で実力のない医者を次々と金で追いやっていく姿には患者を生かし、医者を殺すと称される。果たしてブラックペアンの先に何を見る事になるのか?

キャスト

渡海征司郎演じる二宮和也

世良雅志演じる竹内涼真

花房美和演じる葵わかな

黒崎誠一郎演じる橋本さとし

藤原真琴演じる神野三鈴

猫田麻里演じる趣里

垣谷雄次演じる内村遥

関川文則演じる今野浩喜

横山正た演じる岡田浩暉

田口公平演じる森田甘路

速水晃一演じる山田悠介

島津塔子演じる岡崎紗絵

北島達也演じる松川尚瑠輝

宮元亜由美演じる水谷果穂

新井美緒演じる原アンナ

篠原健一演じる丸一太

福本真人演じる渋江譲二

守屋信明演じる志垣太郎

渡海一郎演じる辻萬長

渡海春江演じる倍賞美津子

木下香織演じる加藤綾子

池永英人演じる加藤浩次

西崎啓介演じる市川猿之助

高階権太演じる小泉孝太郎

佐伯清剛演じる内野聖陽

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織や医療ジャーナル誌編集長・池永英人も注目する手術だ。そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志や新人看護師の花房美和らはなす術がない。そんなとき、手術室に一人の男が現れる。同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太は、最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。

以上TBSブラックペアンHPより


今回は渡海征司郎は天才的な腕がありながらも論文を書かないためにヒラの医局員のままだった。時々腕だけは素晴らしいが論文を書かないために出世しない人もいるけれど、出世が全てじゃないと考える医者もいない訳じゃないが、渡海のやり方は金と引き替えに人の命を救うというものだった。しかしその腕を心臓外科の権威である佐伯清剛教授が認めていたために自由にやらせていたのは事実だった。


そんな渡海に研修医が付く事になった。世良雅志という研修医で医者としては全然実力もなく、渡海に土下座をしてまで手術をお願いするという出来損ないと言うべき存在だ。世良にとって渡海の下に付く事は不運としか言いようがない。それでも渡海は厳しい指導ながら的確に教えているのも事実であったが、それがわかるまでにはまだ時間が必要だ。


そんな中で佐伯への刺客が送り込まれてきた。次の理事長争いをする帝華大学の西崎教授が送り込んできた高階権太は最新医療機器である「スナイプ」を用いる手術をしようとする。こういう手術はまだ日本では認められていないらしいが、ある患者にその事例として行う事を決定する。一見手術は成功したかにみえたが、その後容体が急変した。体全体を見ると他の臓器に影響があるという事を渡海は見抜いていたのだった。そして渡海は高階に金を要求して患者を救って見せたのだった。


今回のシーンだけで渡海がどれだけ医者にとって悪魔なのかという事だけはハッキリした。しかし患者は確り救うという事で神の手か悪魔の手かというのはこれから見ていかないとわからないだろう。


次回は手術に失敗した高階は2例目の手術を模索していた。果たして渡海はどう対処するのか?その悪魔の手に注目だ。