21日ドラマ「美食探偵 明智五郎」第8話を視聴した。

今回はアイドルストーカーがマリアファミリーによって殺害されそうになった。明智はマリアの仕業と知ったもののその犯行手口を調べると食べた毒キノコは1週間後に死をもたらすキノコである事が判明し、入院していた病院から拉致されたストーカーを追う事になった。

一方で苺にもマリアの魔の手が迫っていた。明智が桃子とストーカーの居場所を突き止めて向かっている最中に苺をおびき寄せたマリアは苺に最後の晩餐で明智との出会いを話す。

そして苺が拉致された事を知った明智と桃子は現地に駆け付けて苺を救出しようとするが、苺は助けたものの、明智はマリアと死のダイブをする事になったシーンがメインだった。
ストーリー



今回は苺の同級生のココを守る為に依頼を受けた明智だったが、マリアはそのココを殺人鬼にしてしまった。それを知った明智はこれ以上の暴走を止めようと奔走していく事になるが、既にココのストーカーは1週間後に死ぬ毒キノコを食べてしまっており既に死を待つのみだった。

そのストーカーを拉致したマリアファミリーは今度は苺の殺害する為に実行に移していく。明智もそれを知っていたからこそ苺と共に事務所で暮らす事を提案し、苺は桃子と共に暮らし始めた。

しかしそういう対策も空しくマリアファミリーは苺の拉致を実行に移し、明智がココのストーカーを追っている最中に苺をおびき寄せてマリアとの最後の晩餐に挑む事になってしまうのだった。

ここでマリアが明かした明智との出会いについてだった。明智とマリアの出会いは実に15年前の明智が大学生の時だった訳だが、この時のマリアは平凡な人生を歩んでいたが、明智との出会いによって殺人鬼の血が芽生えてしまった。

そこから15年後に苺とやり取りしているところを見た事で再び明智との再会となっていった訳だが、やはり何処かで伏線があったというのは言うまでもない話であるけれど、この話からすればマリアは勝手な思い込みで明智を巻き込んだともいえる。

そして苺もまた明智に抱いていた思いを打ち明ける事になるのだが、その想いを明智はどう受け止めてマリアとダイブする事になったのか?

次回はいよいよ明智とマリアの最終決戦となる。果たして明智とマリアはあのダイブから生還できるのか?そして明智はこのマリアとの対決にどう決着を付けてどう苺の答えに回答するのか?その最後の晩餐に注目だ。