26日ドラマ「美食探偵 明智五郎」第3話を視聴した。

今回はフレンチレストランで起きた事件に明智が挑む事になるが、ここで明智はマリアが絡んでいる事を感じ取りこの店について探りを入れる。

そんな中でこの店の料理を食べると明智の舌を唸らせるほどの料理である事を感じた明智はこの事件のトリックを探り始めた。そしてわかった事はこの事件は酷評レビュワーを復讐する為の殺人とわかりシェフを問い詰めるとシェフは認めたがマリアには辿り着けなかったシーンがメインだった。
ストーリー



今回はフレンチレストランで起きたお客の窒息死事件に明智は絡む事になった。食のレビュワーによる酷評が原因で売り上げが激減していたお店のシェフが食の酷評レビュワーを殺した事に気づいた明智はそのシェフとコンタクトを取る。

そのシェフの作った料理を食べようと訪れた明智と苺だったがその料理はかなりのレベルだと明智の舌が唸るほどだった。そういう店が売り上げが落ちるほど酷評レビュワーの酷評ぶりは影響が大きいという事だ。

そしてそこから明智はマリアの行方を知ろうとシェフに近づくもシェフはマリアの行方は知らないと結局辿り着けなかったのだった。

次回は冷蔵庫のおふくろの味に埋め尽くされている妻が夫を殺害する事件に明智が絡む事になる。果たしてこの事件の真相とは?その味に注目だ。