21日ドラマ「anone」最終話を視聴した。今回は亜乃音が逮捕され、その後ハリカも逮捕されてしまい罪の全てを亜乃音が被ろうとしていた。その後にるい子は持本を看取った後に自首をし、中世古はハリカの説得で自首し事件は解決した。その後ハリカは亜乃音とるい子の迎えを待ち帰る家を手にしたシーンがメインだった。

ストーリー

警察に追われる理市は、陽人が火事の記憶をたどり罪悪感を感じ始めていることに気づき、動揺していた。
そして、彦星のために悲しい嘘で別れを告げたハリカは、亜乃音が警察に連行され一人になってしまった家で、いつも通りの日常を全うしようとするが…。

一方、舵を看取る決意をしたるい子は逃亡先の温泉宿で亜乃音とハリカが捕まったというニュースを見るが、舵に添い遂げようという意思は固く…。
そして、鑑別所での生活が始まったハリカの元に彦星から、ある決断を綴った手紙が届く。数ヶ月後、ハリカの元には予期せぬ面会客が現れるのだが…。

やがて少年院を出たハリカは、指名手配中の理市がニセ札を使い続ける中、弁護を担当する万平にさえ本当の動機を語らない亜乃音が、このままでは事件の主犯格にされてしまうことを知り、理市を捜し出すことを決意する…。

誰も知らなかった理市のニセ札作りの動機に隠された衝撃の真実とは?!そしてハリカ、亜乃音、るい子、舵たちが最後に選んだ、本当の幸せとはー。

以上日テレanoneHPより


今回は亜乃音が偽札製造容疑で逮捕されて、その後ハリカも逮捕されてしまった事により展開は大きく変わっていく。元々偽札製造をした時点でこういう事がわかっていた訳だけれど、その中でハリカを救ったのは彦星だった。彦星はハリカの願いでもあった手術を受ける事を決意し手術は成功し今はリハビリをしているようだ。初対面の中でたわいのない会話がハリカにとって幸せだった。一方で持本とるい子は逃亡の末に持本は亡くなり、それによりるい子は自首をした。そして中世古もハリカの説得で自分の子供にある真実を伝えて自首をしたのだった。中世古には懲役8年の実刑判決が下り、全ての主犯は中世古になった事で亜乃音、るい子の刑は軽くなった。

そして3年後ハリカの迎えで亜乃音、るい子は3人で暮らし始め持本は幽霊となり共に暮らしていく事となった。ハリカは最終的には帰る家が欲しかったのだという事を踏まえると紆余曲折はあったけれど、ハリカは帰る家という希望が叶った。それぞれ帰る家がない面々が集まった結果亜乃音の下で暮らす事がみんなの望みだったのだと感じる。ただストーリーとして偽札製造を題材にするのはどうだったのかな?という疑問は最後まで残ってしまいましたけれどね。

総評として誰もが帰る家が欲しいものだ。その家が無い人は尚更だ。ハリカは家を失った中で帰る家を見つける事ができたのだった。

次のせかいのセは視聴します。多忙な水曜日になりますが4月クールではレビューをとん挫しない様にしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。





anone 1
坂元裕二
河出書房新社
2018-02-26