1月10日スタートのドラマ「anone」を視聴した。

このドラマは生きる術を失った少女がある事件をキッカケに生きる術を見つけていくストーリーである。

生きる術を見つける事の難しさをこの少女を見ていく事で難しさを知っていく事になるだろう。

坂元裕二脚本作品という事でこの日テレドラマシリーズでは数多くの名作を描いている訳だけれど、今回もなかなか難しい題材と向き合いながら少女がどうやって生きていくのか?という部分を見ていく事になる。それ以上にここで登場する少女は過去を忘れてしまっている中で過去を思い出しながら向き合っていく。果たして少女は生きる術を見つける事ができるのだろうか?

キャスト

辻沢ハリカ演じる広瀬すず

青羽るい子演じる小林聡美

持本舵演じる阿部サダヲ

中世古理市演じる瑛太

花房万平演じる火野正平

林田亜乃音演じる田中裕子

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

林田亜乃音はその日、自宅1階の廃業した印刷工場の床下で、大量の1万円札の束を見つけ…。

一方、通称“ハズレ”こと辻沢ハリカは、清掃のアルバイトをしながら同年代の美空と有紗と共にネットカフェに寝泊まりしている少女。
スマホのチャットゲームの中でだけ会える闘病中の“カノン”さんと日々の他愛ない会話を交わすのが楽しみだ。

ある日、友人とのドライブ中に札束の入ったバッグが捨てられているのを見たという有紗の記憶を頼りに、 ハリカたちは「柘」という町を目指すことに。「つげ」は、かつてハリカが祖母と暮らした 幸せな記憶のある町の名前で…。

一方、医者から半年の余命宣告を受け店を畳もうとしていたカレー屋店主・持本舵は、の客・青羽るい子と意気投合し、二人で死に場所を探す旅に出ていた。

カレー屋のワゴンで二人が流れ着いたのは柘という町。捨てられた大金がきっかけとなって、出会うはずのない人たちの運命の糸が引かれようとしていた。

以上日テレanoneHPより



今回は辻沢ハリカは通称ハズレと言われて清掃のアルバイトをしていた。そのアルバイトは孤独死したアパートの清掃が主であるけれど、今の時代は孤独死して亡くなっているケースが多く死後何週間経て発見されたケースも珍しくない。そういう部屋はどれだけの異臭がするのか?と踏まえるとこの仕事はかなり大変な仕事であるがやり手がいない。そういう仕事をハリカのようなバイトがやっているケースは珍しい事ではない。


ハリカは生活するためにやっているけれど保証人がいないためにネットカフェに泊まりながら生活していた。現在の制度だと保証人がいない限りアパートを借りる事すら難しいからね。それだけ天涯孤独なハリカにはバイトをしても住む家がない状況だ。


そんなある日ある海岸にお金があると同じ場所で生活する少女たちと共に海岸へ向かうが、そこでお金に目が眩んで仲間割れをしてしまう。まあ普段お金を持っていない人には大金を見てしまったら心が変わってしまうというものだ。しかしそのお金をおばさんが突然奪いに来た事で、さらに自殺しようとたまたま訪れた男女2人が絡んで三つ巴となってお金を奪い合う。


ハリカはそんな三つ巴した中でお金を奪ってある場所に行く事にした。それはかつてハリカが生活していた施設だったが、そこは学校と呼ばれた更生施設だったらしい。ハリカはここではずれとして両親に捨てられ、そこで虐待を受けていた。しかしハリカには当時の記憶がない。その場所に行って初めてフラッシュバックのように思い出したのだった。


思い出したくない記憶を頭の奥にしまい込んでしまう事でもう1人の人格を作ってしまうケースもあるが、ハリカの人格は果たしてどうなのだろうか?


そんなハリカにはチャットでやり取りする相手がいた。昨今チャットをやっている人ってゲームをやっている人以外でどれ位いるのだろうか?と感じるけれど、友達のいないハリカにはカノンという相手と話す事で唯一繋がれる相手だった。


しかし奪ったお金はあのおばさんが再度奪って燃やしたらしいが、数枚ほど預かっていたハリカはこのお札の秘密を知ってしまったのだった。そしてカノンがかつてハリカのいた施設で一緒だった事も知るのだった。


次回はお札の秘密を知ってしまったハリカはあのおばさんの所へ向かう。果たしてハリカはそこでお札の秘密を知る事ができるのだろうか?その秘密に注目だ。