13日サッカーJ2アルビレックス新潟は2022シーズン新体制発表記者会見を行いました。

今シーズンは松橋力蔵新監督となり、昨シーズンまでアルベルト監督のサッカーを継承しながらもより攻撃的な戦いを展開してJ1昇格を目指していく。

多くのメンバーが残ったものの肝心の攻撃陣は2列目を多く補強したものの昨年の課題である高さを解消しないままシーズンを戦う事になった。



いよいよシーズンインとなった訳だけれど一部では移籍が噂された選手も残留する事になりほぼ昨年のベースを保ちながら2列目を中心に補強し、DFにはトーマス・デンが加入した事によりDFではCBの層がより厚くなった。



現状の予想フォーメーションは以下の通り

ALBLINEUP2022-001


ALBLINEUP2022-002


ALBLINEUP2022-003


ALBLINEUP2022-004


ALBLINEUP2022-005


ALBLINEUP2022-006


より攻撃的にというタイトルを考慮して昨シーズンの4-2-3-1より4-1-2-3の可能性が高いのでは?という事でDMF2枚からアンカーにして攻撃の枚数を増やして戦うという予想をしました。

昨シーズンは前線の孤立で苦しんだ後半戦を踏まえると前5枚後5枚という感じで構成していくのでは?という予想です。アンカーを予想したのは選手構成上DMFだと福田が移籍し、ゴンザロが退団した事で枚数が2枚を維持する事が難しく2列目を大幅に補強した事からも昨シーズンの戦術と守備を考慮したら1枚の方が現実的だと感じた次第です。

2トップで戦う事も想定したシステムも予想しているので1トップに拘る必要性はないとは感じております。1番の理由は高さあるFWがいない事とCFタイプがいないので実際にはトレーニングマッチで1度システムを見た上でサイド確認したいと思います。

2列目及びWの補強はかなり力を入れているので両サイドの人材は色々な組み合わせもできますし、新加入した伊藤涼太郎、イッペイシノズカ、松田詠太郎がどう絡んでくるかも楽しみではあります。

今シーズン1番の補強となったトーマス・デンはCBとRSBをプレーする選手ではありますが私はアンカーでもプレーする可能性もあると感じます。何より身体能力が高くシュート力もあるので攻撃に出た時のセットプレーやロングシュートにも期待しています。

いよいよJ1昇格へより攻撃的に戦うシーズンが始まった。