26日J2リーグ22第23節が行われ、アルビレックス新潟はアウェイニッパツ三ツ沢球技場で横浜FCと対戦し、0対2で新潟はボールを支配しながらも横浜FCの空中戦と裏へのパスの2ゴールを屈して今季最多失点差で敗れ、13勝6分4敗勝ち点45得失点差+19で2位に後退した。

試合は前半から新潟がボールの主導権を握り、横浜FCはロングボールとサイドからのクロスでゴールを狙う戦いとなるも、前半19分に横浜FCはFW小川にゴールを決められてリードを許すとそのまま前半を折り返した。

後半新潟は再三ゴールに迫るも本間至恩のシュートはGKに阻まれて迎えた後半25分に横浜FCは裏へ抜け出したFW渡邉千真にゴールを許して2点差とされた新潟は追いつく事ができずに今季最多失点差での敗戦となった。

これでアルビレックス新潟は6ポイントマッチでリベンジされてしまい2位に後退するも3位との勝ち点差は4となり自動昇格圏をキープした。





ALBLINEUP2022-019


高が出場停止で出れなかった以外は前回と比べると出場できる選手は多かった訳だけれど、相手の事を踏まえるとゲネスを入れて高さで勝負できる選手をベンチ入りさせても良かったのではないかと感じる。

どうしても空中戦だと守備はともかく攻撃ではFKかCK以外では圧倒的不利な状況だっただけに先制を許せば苦しくなるのは最初からわかっていた事だった。まだ降格1年目の横浜FCなので戦力は2シーズンJ1で戦っただけの戦力が揃っているので強敵に変わりなかった。

前回と違いDMFで確り対策してきた事と、ハイネルの守備が想像以上に苦しめていた。それだけ中盤で潰してきた訳だが、やはり新潟の戦術は先制を許すと厳しい訳で、前回先制を許した徳島戦ではドローで終わっているので新潟のボール回しと素早く奪う守備に対抗する上で横浜FCは中盤でボールを回す事を少なくして前線にボールを早めに出してチャンスを伺った。

それ故にパスミスも横浜FCの方が圧倒的に多かった訳だけれど、それでもそのうち2回決めているのだから少ないチャンスをものにした横浜FCが上だったという事だ。

新潟の場合はCFより2列目でゴールを決める試合が続いているので2列目を封じられると厳しい展開になってしまう。高さを封じてドリブル突破とグラウンダーを警戒する守備はなかなか崩せるものではないという事をこの時点で課題として向き合っていく事になる。

とはいえ直接対決で1勝1敗で分けただけに直接対決としては1点差と十分な結果と言える。

これから現在3位仙台との直接対決は40節までないのでそこまで新潟がどれだけの成績で戦っているのかが重要だ。この勝ち点差のまま行けば40節の直接対決で2位以上が決まる試合になる訳だがその為にも現在下位にいるクラブとはアウェイでも勝ち点3を獲る試合をしていかなければならない。

次節はアウェイで群馬と対戦する。天皇杯では浦和に勝利しているだけに油断ならない。前回の対戦でも勝利したものの2失点しているだけに相当引き締めて行かなければ勝ち点3を奪えない。真夏の3連戦は体力を消耗するだけに選手を上手く入れ替えながら連戦を戦いたい。