27日J2リーグ22第12節が行われ、アルビレックス新潟はホームデンカビックスワンでいわてグルージャ盛岡と対戦し、2対0で新潟は相手に守備を堅められてなかなかゴールを割れずにいたがMF伊藤涼太郎のスルーパスにMF松田詠太郎が移籍後初ゴールを決めて先制すると、後半終了間際にはMF三戸舜介
の豪快ミドルシュートが決まって勝利し、6勝4分2敗勝ち点22得失点差+7で3位に浮上した。

J3から昇格してきた相手に対して苦しみながらも勝ち点3を積み重ねてホーム5連勝とホームの連勝を伸ばす事になった。



新潟の場合守備を堅める相手に苦戦する傾向が強く、昨シーズンも下位に取りこぼした試合が多かったために最終的には6位で終わる結果となった。

しかし今シーズンは縦への意識を強くした事によりボールを回すだけでなくロングボール、ロングパスからチャンスを作る傾向が強くなっている。

この試合でもスルーパスからゴールを決めたシーンがその象徴でありパスだけ回すだけではないシーンも数多く見せた。

苦しみながらもホーム5連勝に伸ばした試合を振り返りたい。

アルビ2022.04 (1)


アルビレックス新潟のフォーメーションは4-2-3-1

アルビ2022.04 (20)


DFは田上と渡邊泰基、2列目とCFはそっくり入れ替えてスタートした。

アルビ2022.04 (26)


アルビ2022.04 (27)


アルビ2022.04 (28)


試合は事実上5バックで堅めるいわて相手に新潟はミドルからゴールを狙うが守備を堅めるいわてゴールをなかなか破れず、逆にカウンターから大ピンチというシーンがあったが相手の決定力不足に助けられて失点を逃れた。

下位の相手ほどカウンターを狙うし、何より前線からパスカットを狙ってくる。この試合で1番危なかったシーンがカウンターから抜け出したMF宮市のシーンだけど、ここで決められていたら新潟は苦戦していた可能性が高かった。

前半44分のゴールシーンは伊藤涼太郎の素晴らしいスルーパスから生まれたゴールであり、そのパスに確り反応した松田詠太郎が相手に考える時間を与えずにシュートを放った事でゴールに繋がった。





この試合ではCFにゲネス(アレックス)を起用したけれど、アレックスは高さがあるのでこの試合では普段使わないロングフィードでアレックスの高さを狙ったポストプレーが目立った。

相手もアレックスの高さがある故にどうしても高いボールを意識するシーンもあり、その効果で低いボールへの意識が多少なりとも落ちたと感じている。

高さが無ければ低いボールに集中しやすいが高いボールも警戒するとディフェンスは守るのは容易じゃない。

後半はなかなか追加点が獲れず、逆に押し込まれるシーンが多かったもののここでゴールを決めさせなかった事が後半終了間際の三戸舜介のゴールに繋がった。あれだけパスを回していわても相当疲れ切っていただけにリードするとそれだけ新潟が有利に試合を展開できるという事だ。





アルビ2022.04 (29)


これでホーム5連勝となりこれで今季3度目の2連勝となった。やはりリードを奪えば今季負けなしというのは昨年リードしたら無類の強さを誇っただけの事はあるし、リードするとそれだけボールを回すのに余裕をもたらしてくれる。

アルビ2022.04 (30)


アルビ2022.04 (31)


特に今季は元々連戦が多いシーズンでもあるけれど、特に4月から5月にかけては連戦に次ぐ連戦なのでこの連戦で抜け出せるかどうかで今季の戦いが見えてくる。今季の強みはターンオーバーにしても戦力が全く落ちない選手の格差がない事に尽きる。

昨年はシーズンを通してメンバーが固定した為にメンバーの格差というよりも起用する幅が狭くなってしまった。

しかし今シーズンは現時点でGKを除くとベンチ入りしていないのは史哉とトミー、吉田だけなので昨シーズンの主力史哉は故障明けで、トミーもまだ昨年の故障が完治していないから出場がないという感じだが、2人が出場できるようになればDFラインは一気に層が厚くなる。

しかしこの中で唯一の欠点はDMFの控えがほぼいない事だ。

当初はアンカーで戦ったがやはり守備面で安定しなかった事もあり昨シーズンの形に戻した経緯がある。

今のメンバーでDMFができるのは高と島田を除くと吉田、史哉あたりになるが、史哉が復帰した場合は藤原をDMFにする事も十分あり得る訳で複数ポジションで戦える力は新潟にある。

誰が出場してもチーム力が落ちない強みは昨シーズンに身に付けた誰でも得点を取れる強みと並行して強みの引き出しを増やしている。

次節はアウェイで琉球と対戦する。現在最下位の琉球だが昨シーズンの今頃は新潟と首位争いをするほどの快進撃だっただけに全く油断できない。中2日で琉球はホーム連戦だが、新潟はアウェイに乗り込む事になる。

ただ今季の新潟はターンオーバーできるだけのメンバーを揃えているだけに攻撃陣総入れ替えして挑む事になりそうだ。

アウェイでも勝利して今季初の3連勝を目指そう!

アルビ2022.04 (33)


アルビ2022.04 (34)


アルビ2022.04 (41)