23日Jリーグ2019シーズンの日程が発表され、J2のアルビレックス新潟は42試合のリーグ戦の日程を発表された。

前半戦はアウェイ12試合、ホーム9試合となり、後半戦はホーム12試合、アウェイ9試合という日程が組まれた。

これでJ2リーグの日程が確定し1年間の戦いがスタートする。

J2リーグ日程

第1節2/24(日)14:00西京極 A京都サンガF.C.
第2節3/3(日)14:00フクアリ Aジェフユナイテッド千葉
第3節3/9(土)14:00デンカS H柏レイソル
第4節3/16(土)14:00ニッパツ A横浜FC
第5節3/23(土)14:00デンカS Hアビスパ福岡
第6節3/30(土)14:00鳴門大塚A 徳島ヴォルティス
第7節4/3(水)19:00デンカS HFC町田ゼルビア
第8節4/7(日)13:00Cスタ  Aファジアーノ岡山
第9節4/13(土)14:00デンカS Hモンテディオ山形
第10節4/20(土)14:00味スタ A東京ヴェルディ
第11節4/28(日)14:00Ksスタ A水戸ホーリーホック
第12節5/4(土・祝)14:00デンカS Hレノファ山口
第13節5/11(土)14:00トラスタ AV・ファーレン長崎
第14節5/18(土)14:00デンカS H愛媛FC
第15節5/25(土)19:30タピスタ AFC琉球
第16節6/1(土)14:00デンカS Hヴァンフォーレ甲府
第17節6/8(土)15:00長良川 AFC岐阜
第18節6/15(土)19:00デンカS H栃木SC
第19節6/22(土)18:00石川西部 Aツエーゲン金沢
第20節6/29(土)19:00白波スタ A鹿児島ユナイテッドFC
第21節7/6(土)19:00デンカS H大宮アルディージャ
第22節7/13(土)19:00デンカS H横浜FC
第23節7/20(土)19:00みらスタ Aレノファ山口
第24節7/27(土)19:00デンカS HFC琉球
第25節7/31(水)19:00町田 AFC町田ゼルビア
第26節8/4(日)18:00デンカS H徳島ヴォルティス
第27節8/11(日・祝)19:00NDスタ Aモンテディオ山形
第28節8/17(土)19:00デンカS Hファジアーノ岡山
第29節8/24(土)19:00デンカS Hツエーゲン金沢
第30節8/31(土)19:00柏 A柏レイソル
第31節9/7(土)19:00デンカS Hジェフユナイテッド千葉
第32節9/14(土)未定デンカS H東京ヴェルディ
第33節9/21(土)未定中銀スタ Aヴァンフォーレ甲府
第34節9/28(土)未定デンカS H水戸ホーリーホック
第35節10/5(土)未定デンカS H鹿児島ユナイテッドFC
第36節10/13(日)未定ニンスタ A愛媛FC
第37節10/19(土)未定レベスタ Aアビスパ福岡
第38節10/27(日)未定デンカS H京都サンガF.C.
第39節11/3(日・祝)未定栃木グ A栃木SC
第40節11/9(土)未定デンカS HFC岐阜
第41節11/16(土)未定NACK A大宮アルディージャ
第42節11/24(日)未定デンカS HV・ファーレン長崎


今シーズンはルヴァン杯が無くなった分リーグ戦に集中できるのがまず昨シーズンと違うところだ。

昨シーズンより土曜開催が多くなっている点も土曜日の方が行き易いという部分や制度化される年5日の有給消化も踏まえて土曜開催の方が利点があると踏んだのかもしれない。

私の場合は有給2日使用すればホーム21試合全て観戦可能なので5月18日、10月5日は行使する予定だ。

問題はこの日程だけれどまずスタートの10試合が最も厳しい。特に3月のホームが柏、福岡なのでこの2チームは侮れない。アウェイも3月は京都、千葉、横浜FC、徳島とJ1経験クラブが並ぶだけに最初の6試合がいきなりの試練と言える。4月の4試合も苦手の東京V、昨年4位の町田、との対戦があるだけにこの2試合は相当な覚悟を持って挑む事だ。

11節以降はそれほど強豪との対戦が続かないので11節以降は確り勝ち点を伸ばしていきたい。そして最大のポイントは7月から9月にホーム9試合、アウェイ5試合というホームで戦える試合が多いこの3か月が大きな山場となる。そして最後の2試合はJ1昇格の為の最大の関門を迎えるだけに7月からの3か月が全てを決めると言ってよいだろう。

最初の10試合で躓かずに戦えるか?スタートダッシュがカギを握る。