13日J2リーグ19第36節が行われ、アルビレックス新潟はアウェイニンジニアスタジアムで16位愛媛FCと対戦し、1対0でアルビレックス新潟がMF本間至恩のゴールを最後まで守り抜き今季初の3連勝で、14勝10分12敗勝ち点52得失点差+16で暫定11位に浮上した。

試合は前半からホーム愛媛にボールを支配される展開となるも新潟はカウンターからチャンスを作り出す。そして迎えた前半42分新潟はMF本間至恩のゴールで先制して前半を折り返した。

後半も愛媛にボールを支配される苦しい展開となるも新潟はカウンターからチャンスを狙ったが、絶体絶命のピンチもGK大谷のセーブ、DF舞行龍のブロックで凌ぎ切り新潟は今季初の3連勝で7試合負けなしとした。

これでアルビレックス新潟は残り6試合全てを勝つ事を目指して残り試合全力で戦い続ける。

ALBLINEUP2019-20


どんな形でも勝ち点3を積み重ねていく必要があるので今は下位相手にあえてボールを保持させて少ない所を狙っていくサッカーに徹している。一件危なっかしいサッカーではあるが今は舞行龍中心とした守備が確り機能しており以前のような守備の脆さが無くなった事で守りがハッキリしている。

その中で相手が少ないところで狙っていけば当然競り勝つ可能性は高くなる訳で、この試合もカウンターからチャンスを何度も作っていたし、そのカウンターの多くは枠内シュートだった。ただその中で決められたシーンもあっただけに2ゴールすればほぼ勝利できるという今の新潟にはそういうムードがある。

この試合では1番難しい1対0というスコアを確り逃げ切れた事も選手たちにとって自信になったし、これからもこういう難しい試合が続いていく。残り6試合全て勝利すればまだ6位以内の可能性は開かれるだけに残り試合全て勝利を目指していくのみだ。

次節はアウェイで福岡と対戦する。ホームで敗れているだけに下位だろうと侮れない相手だ。望むものは勝ち点3のみ!勝つ事のみ求めていこう!