17日J2リーグ18最終節が行われ、アルビレックス新潟はホームデンカビックスワンで9位レノファ山口と対戦し、0対2で終始攻撃で圧倒されて敗れ15勝8分19敗勝ち点53得失点差-8で16位でシーズンを終えた。

最後の最後まで苦しんだシーズンはJ2というカテゴリーを甘く見た結果の集大成と言える。

この記事が今シーズンの事実上の総括とさせて頂きますが、昨シーズン降格が決まってからJ2は厳しいカテゴリーと口酸っぱく言い続けてきましたが、それが最後までわかってもらえずに終わってしまったというのが正直な気持ちです。この試合だけでもJ2に昇格してきて3年の山口に圧倒されるという事そのものが全てを物語っていたと言えます。

それだけ今の新潟は弱体してしまったという自覚がなかった事と、新潟スタイルのサッカーをもう一度作り直すには道半ばであるという事を示された現実でした。

私自身今シーズンホーム公式戦全試合に参加し、どんなに辛いシーズンも闘い抜きました。ホームリーグ戦21試合、ルヴァン杯3試合、天皇杯2試合計26試合、アウェイ1試合の27試合に参加してきました。

通算成績はリーグ戦5勝4分12敗、ルヴァン杯2勝1敗、天皇杯1勝1敗、アウェイ1勝の計8勝4分14敗と6割は負け試合という状況です。ホームでこれだけ勝てないというのはさすがに昇格を目指すクラブにとって厳しいと言わざる得ない状況です。2015シーズンからホームで年間4,5勝しかできないという現状にこの状況をどう克服していくのか?それが最大の課題です。

アルビ2018.11 (2)


アルビ2018.11 (18)


アルビ2018.11 (22)


アルビ2018.11 (39)


アルビ2018.11 (41)


アルビ2018.11 (42)


アルビ2018.11 (43)


アルビ2018.11 (44)


アルビ2018.11 (45)


アルビ2018.11 (46)


アルビ2018.11 (47)


まずJ2を戦ってわかった事ですが、選手の年俸ではなく、チームの形が1番重要なのだという事です。昇格を決めた大分は新潟の半分以下の予算しかないクラブでしたが、片野坂監督の徹底したサイド攻撃による攻撃サッカーがJ3からJ1へ昇格に導いた訳で、最後まで大健闘した町田もJ3から這い上がり、シーズン4位で終えた事からもいかに戦術、システムが重要なのかを嫌というほど味わいました。

技術がない分必死さはJ2どのクラブも凄かったし、今の状況では予算20億の千葉が10年J1に上がれないという現実を踏まえても10年掛かってもどうなのか?というほど昇格するのが難しいという事です。

これからまず新潟が目指すのは新潟スタイルを完成させる事です。毎年監督を交代させていたらそれはできません。なので片渕監督には5年以上に及ぶ長期政権をやって頂き新潟スタイル完成させる事を大前提にやってもらう事が必要です。

この状況で監督を探そうとしてもやりたいという方はいませんので湘南のように同じ監督で強くするという方向性はブレてはいけません。

今の縦へのカウンター、サイド攻撃の併用は今の新潟スタイルにして、守備の構築をしていけば私はどんな選手が入ってきたとしても対応するのに時間は要さないと思いますし、今年色々なクラブ、世界のサッカーを観てきましたが難しい事は必要ないという事も感じました。

前半戦のポゼッションサッカーというサッカーは1番選手能力を問われて難しいサッカーを展開する事がいかに難しいのかをもう痛感しているので今後ポゼッションサッカーは目指さない方が良いと思います。

来シーズンは更に厳しいシーズンとなります。5億の予算削減というのはその分殆どが選手人件費削減となります。なのでシーズンオフに契約満了になるベテラン、外国人選手などが多くなるシーズンですがそれももう無いものねだりはできない現実と受け止めてほしいと思います。

来シーズンも契約を更新しアルビファミリーの一員として戦い続けます。

ただ私自身今季色々な事を思うところがあり今後ファン、サポーターとの接し方を考えさせて頂く事を考えております。現時点ではリスト化していた一般の方々のTwitterのフォローをリストもれしていた方を除いて全て外しました。今後アルビに関わる一般の方のフォローはしない方向で進めていきます。

あと来シーズンより1つ新たなる事も始めますのでそれにつきましては別記事でアップ致します。

今シーズンありがとうございました。来シーズンもアルビファミリーの一員として闘っていきますのでよろしくお願い致します。

アルビ2018.11 (49)


アルビ2018.11 (50)


アルビ2018.11 (58)


アルビ2018.11 (60)


アルビ2018.11 (62)


アルビ2018.11 (64)


アルビ2018.11 (68)


アルビ2018.11 (70)


アルビ2018.11 (77)


アルビ2018.11 (78)


アルビ2018.11 (82)


アルビ2018.11 (84)