18日Jリーグ161st第16節が行われ、

アルビレックス新潟はアウェイ味の素スタジアムで暫定12位FC東京と対戦し、

1対1でドローとなり東京の猛攻に耐えながらも勝ち点1を確保し、

3勝6分7敗勝ち点15得失点差-7で15位に浮上した。

試合は前半から両チーム様子をうかがいながら進むも

前半22分に東京GK秋元が6秒ルールを超えてボールを保持した事で

間接FKにFW山崎が即リスタートしてこれをMF成岡が決めて新潟が先制する。

前半はこのまま折り返して迎えた後半は一転東京ペースとなり、

後半8分に東京はFW平山にゴールを許して同点に追いつかれた。

その後完全に東京の猛攻を受ける時間が続くも

GK守田がゴールを許さず新潟はアウェイで貴重な勝ち点1を確保した。

これでアルビレックス新潟は2試合負けなしで勝ち点を積み重ねて

前半戦最後の鳥栖戦で後半戦に弾みをつける。

全体を通せば新潟にとって前半の得点以外に得点シーンがほとんどなかった訳で

苦しい試合を1失点で抑えて勝ち点を確保したという試合だ。

もちろん勝てれば1番よかったが振り返れば妥当な内容であり、

逆に言えば勝ち点1を拾えた試合だ。

アウェイでの試合である以上この結果は良しとしなければならない。

FWが揃わない中で爆発的な得点力こそないが、

それでも確り1得点以上しているので1対0で勝つつもりで

戦い抜いていくことが今のチームには必要だと思う。

守備面は何といっても開幕からやってきたゾーンディフェンスが戦術的に機能してきた。

守田の守った試合ではここ6試合で3失点(うち4完封)と安定感がある。

失点を最小限に抑えれば勝ち点を積み重ねられるのでホームで勝ち点3、

アウェイで勝ち点1を確保していく戦いをして行こう。

この試合前にはFC東京も史哉の支援募金に協力してもらい、

大宮、神戸、東京Vなど多くのクラブの選手、スタッフ、サポーターが協力してくれた。

1人のサッカー選手が病魔と闘っているという事に

チームの枠を超えた繋がりを感じさせてくれる出来事だった。

試合が終われば共にJリーグを盛り上げる同志なので

この活動は今後も継続していきます。

私も今週月曜日に史哉の件を目にして

正直言葉にできる言葉が正直これで良いものなのか?

と自問自答しながら考えていました。

私は史哉より長く生きていますけれど、

普通の人には経験することなく終わる病気です。

私自身昨年体調を崩して入院生活を経験しましたけれど、

普通に生活する事がどれだけかけがえのない事なのかを痛感させられました。

普通にサッカーをする事が当たり前でないという現実を

史哉自身受け入れる事に時間を要したと思います。

でも史哉は生きる為に闘う決意を固めました。

サッカー選手として戻れる可能性はかなり厳しいです。

でも生き続ける事ができればサッカーに携われるかもしれないという事は感じております。

史哉が生き続ける手助けをできればと思い今週支援金を振り込ませて頂きました。

私にできることは本当にわずかです。

でもそのわずかが多く集まれば大きくなります。

史哉に生きてほしい。

そのためには最高の医療を受けさせてあげたい。

その手助けをしていければと思います。

スタンドでは立ちたくても立てない史哉の想いを背負って

28番の背番号を身に着けたいと思います。

私自身12番とスペシャルプレーヤーの背番号以外は付けない方針で

これまでやってきましたが、レプリカの下に史哉の背番号がついた

Tシャツを着て後半戦から闘いたいと思います。

注文は受注制らしいので前半戦は間に合わないようなので

それまではメッセージやできる事をしていきます。

私にできる事はサッカーサポーターだけでなく、

サッカーを知らない人にも史哉の事を知ってもらう事です。

私のフォロワーやブロガーの多くはサッカーのサポーターとは

無縁な方も少なくありません。

業界こそ違いますが1人の人を知ってもらうために

彼についてのツイートもしていきたいと思います。

次節はホームで鳥栖と対戦する。勝ち点差2という事で勝利すれば

順位を上げて後半戦に挑める。

これまでの想いとは違った形のホームゲームになると思いますが、

スワンでは史哉のチャントをNスタンドだけでなく

180度でみんなで歌えればと思います。

想いは1つ!

その想いを背負って勝ち点3を取ろう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。