12日サッカーJ1アルビレックス新潟は

MF田中亜土夢選手と契約更新の協議をしてきたが、

本人の海外挑戦の意思を尊重し契約満了を発表した。

田中亜土夢選手は2005年に前橋育英高校に在籍時に強化指定選手として

新潟で2試合出場し翌年新潟に入団し、

1年目に22試合に出場したが、

その後怪我などでレギュラーを獲れないシーズンが続いたが、

2011シーズンにレギュラーを獲得してから3シーズン連続リーグ戦33試合以上出場し、

2014シーズンには新潟出身選手として初めて10番を背負った。

これでアルビレックス新潟は新潟の象徴である本間勲に続いて

田中亜土夢も移籍する事になり新たなる時代を迎えることになった。
突然のニュースで正直ビックリしているが、

ただ亜土夢の選手生命を考えた時に今決断しなければ

移籍する事はもうないだろうというタイミングではある。

1度でも他のチームを経験する事もサッカーに関わっていく上では必要な事だし、

将来指導者を目指そうという気持ちがあるのなら尚更他のチームでの経験が必要だ。

まだ運動量のある今なら亜土夢らしいプレーができると思うし、

環境が変わってさらに成長する可能性はある。

新潟サポーターにとっては引退までという気持ちの人は多いと思うけれど、

ここはサポーターも確り成長し亜土夢の人生の事を確り考えて上げる必要もある。

出て行った選手にもう帰って来るな的な事は

将来チームとして絶対にマイナスになる事だけは肝に銘じてほしい。

ただ戦力的に考えると亜土夢が抜けたとしてもマイナスとは感じないし、

逆に今季殆ど引き抜きによる移籍はないので2列目を新たに入れ替えたいと

柳下監督が考えていた可能性も十分ある。

既に山崎選手の獲得に成功しているので2列目は3選手確保しているし、

慶も2列目でプレーできるので必ずしもマイナスではない。

あとはラファエル、レオの更新に外国人枠が空いた1つに2列目の選手が入るなら

十分亜土夢の戦力を埋める事は十分可能だ。

これでアルビレックス新潟は2015シーズンは

更新及び移籍加入、完全移籍加入

GK黒河、守田、川浪(完全)

DF松原(完全)、舞行龍、大井、和成、高聖、前野(完全)、ジュフン、尚紀

MF小泉、成岡、小林、大、山本(期限付き延長)

FW指宿、達也、武蔵、平松(新加入)、山崎(完全)

計22選手

移籍

GK泰広(期限付きJ2徳島)

DF増田(期限付き)、西村(期限付き)、坪内(完全J2磐田)、ミョンジュ(期限付き終了)

MF木暮(完全新潟S)、征也(完全J1湘南)、勲(完全J2栃木)、

小塚(期限付き山口)、宣福(期限付き福岡)、亜土夢(契約満了)

FW岡本(完全J2大分)

計12選手

未定

MFレオ

FWラファエル

計2選手

以上となる。

後は3選手揃えば今シーズンのスタートを切る事になるので残る選手の更新と獲得を待ちたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。