13日ドラマ「愛してたって、秘密はある。」第5話を視聴した。

今回は爽の元に黎の父を殺したトロフィーが届く。このトロフィーを盗んだ者が犯人であることは言うまでもないが現状では果凛に疑いの目が向けられるもその決定的な証拠が見つからない。一方で爽にも黎に言えない秘密を抱えているが爽の秘密も明らかにならない。そんな中で黎と爽の挙式の準備が進むもそんな準備の最中で再び購入したはずの指輪が晶子の指輪とすり替えられていたシーンがメインだった。
ストーリー

奥森の名で送られた荷物を受け取った爽。荷物の中身は奥森のトロフィーと、爽が花火大会でなくした髪飾りだった。黎は爽からトロフィーを見せられ、混乱。それは、黎が奥森を殴り殺した凶器だった。そんな黎の思いをよそに、何も知らない爽は、奥森が生きていて黎に声を掛けようと花火大会に来ていたのではないか、このトロフィーがあれば奥森と再会できるかもしれない、と警察に届けようとする。そんな爽に対して黎は思わず、声を荒らげてしまう。

黎は、誰が爽にトロフィーを送ったのかを調べ始める。配送センターを訪ねると、送ったのは女性と判明。その配送センターの近くには、果凛が通う女子高があった。

黎のもとに、またしても差出人不明のメールが届く。不安に駆られる黎の前に、果凛が現れる。果凛は黎に、奥森家の戸籍謄本は盗んだのではなく、誰かが送ってきたからだと告げる。
黎は爽とともに、ジュエリーショップで結婚指輪を選ぶことに。しかし、店内にトゥーランドットが流れ、動揺した黎は店を飛び出してしまう。黎の姿に不安になる爽。

一方、晶子は風見に、黎から婚約者をまだ紹介されていないのかと尋ねる。爽の名前を聞いた風見は、なぜか動揺して…。

黎は、立花と向き合うことで、爽への想いを強くし、サプライズで婚約指輪をプレゼントしようと決意。そんな中、爽に「奥森黎の秘密は手帳の中」というメールが届く。爽は、黎がいない隙に彼の手帳を開き…。

以上日テレ愛してたって、秘密はある。HPより


今回は爽の元にトロフィーが届くところから始まったが、黎の元にも爽の学生時代の写真が果凛から渡された。この写真が何を意味するのかわからないが、現時点で爽にも秘密があるということだけは間違いない。そんな中でも黎は誰が犯人なのか探っているが、果凛以上の怪しい人物が現時点では見当たらないものの、今回のシーンではどうも爽の父弘晃がかつて病院の何かの事件に関わったのだけははっきりしているが、それが何なのかまだ明らかになっていない。そしてそれを追っている爽の兄暁人が病院の何かの汚職に絡んだ事件を追っているのだけは間違いない様だ。

その事件に晶子も絡んだという事になるようだが、もしそういう事件が絡んで家庭が崩壊していたというなら晶子が黎を自首させなかった理由もそこにあるのかもしれない。そうでなければどう考えても晶子と弘晃と接点があるとは思えない訳だ。そう踏まえていくと晶子も実は黎に隠しているある事情があるのかもしれない。この時点で果凛の存在がいまだに明らかにならず果凛の正体が先に暴かれないといけないとは感じている。
次回は再び指輪がすり替えられた事で更に追い込まれていく黎はどう追いつめられてしまうのだろうか?その過程から目が離せない。




ずっと、ふたりで (初回限定盤CD+DVD)
家入レオ
ビクターエンタテインメント
2017-07-26