25日ACLアジアチャンピオンズリーグ2017浦和レッズ対アルヒラル2ndレグが行われ、

1対0で浦和レッズがMFラファエル・シルバのゴールで勝利し2戦合計2対1で浦和レッズが10年ぶり2度目のアジア王者に輝いた。

試合は前半から両チーム激しい攻防を繰り広げ両チームに警告が出されながらも前半は0対0で折り返した。

後半得点を獲らないとならないアルヒラルは徹底的に押し込むも浦和はゴール前で確り守りを固めて跳ね返し後半33分に相手選手が退場になり数的有利になると後半43分浦和はMFラファエル・シルバのゴールが決まり待望の先制点を上げてそのまま逃げ切り浦和レッズが10年ぶり2度目のアジア王者に輝いた。

これで浦和レッズは10年ぶりにクラブW杯出場を決めて2回戦で開催国王者かオセアニア王者の勝者と対戦し勝利するとレアルマドリードと対戦する事になる。


リーグ戦では不振を極めて来季のACL出場権を逃しただけにこのタイトルは浦和にとって絶対に逃せないタイトルだった。日本のクラブとしても9年前のガンバ大阪を最後に決勝にすら進出できない期間があり、日本のクラブにとってもアジア王者は悲願だった。

昨年のクラブW杯では開催国王者として出場を逃した浦和にとって正真正銘のアジア王者としてクラブW杯に出場するというのは正々堂々と戦ってきてほしいですし、ラファの活躍でアジア王者を獲れたという事もかつて同じクラブで戦ったサポーターとして祝福したいと思います。

おめでとう浦和レッズ!クラブW杯で世界を驚かせる戦いをしてきてほしいと思います。