3,4日ACL2015(アジアチャンピオンズリーグ)第2節が行われ、

柏レイソルはホームでビンズオンと対戦し、

5対1で大勝し日本勢唯一の勝利で勝ち点を4に伸ばした。

ガンバ大阪はアウェイで城南と対戦し、

0対2で敗れ2連敗で崖っぷちに立たされた。

鹿島アントラーズはアウェイでFCソウルと対戦し、

0対1で敗れ2連敗で崖っぷちに立たされた。

浦和レッズはホームでブリスベンと対戦し、

0対1で敗れ2連敗で崖っぷちに立たされた。

これでACLは柏だけが勝ち点を4に伸ばし、

浦和、鹿島、ガンバが2連敗で後がなくなり予選敗退の崖っぷちで3節を戦う。

やはり最低でも2節を終わって1勝はしないと苦しくなる訳だけれど、

柏は2節で格下のベトナムのチームと対戦した事も大きかったが、

ガンバ大阪は広州富力、城南に連敗したのはある意味痛い。

タイのブリラムが2連勝をしてしまっている事を考慮すると

次に敗戦してしまうと予選敗退がほぼ決定的になる。

鹿島、浦和も、3節では2連勝の広州恒大、北京国安と対戦だから

相当厳しい戦いを強いられるのは間違いない。

果たしてガンバ、鹿島、浦和はこのまま終わってしまうのか?

崖っぷちの3チームの奮起に期待したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。