10日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第5話を視聴した。

今回は才門に助けられた清春だったが、才門がガスマスクの男ではないかと疑い続ける。しかしガスマスクの男は才門ではなかった事が一緒にいるところを襲われて発覚する。

一方でベルムズと警察の癒着が徐々に明らかとなり仲間だった元リーダーはかつての仲間を助けるために奔走し始めるも逆に警察を襲うというまさかの展開になる。それに対応した清春だったが、元リーダーが射殺された事により逆に犯人として扱われてしまうが、またも記憶がよみがえり清春は碓氷薫から言われた私が10億円強奪の犯人である事を告げられていた事がメインだった。

ストーリー



今回は10億円強奪事件の謎を追う清春だったが、南部、江國が襲われ、清春も才門に助けられる展開だったが、才門がガスマスクの男ではないかと疑うも2人でいた所にガスマスクの男に襲われて才門がガスマスクの男ではないとなる。

そしてそこからベルムズと警察との癒着が明らかになっていくが、元リーダーの仲間を助けたいという行動に清春が振り回される事になるが、その間に才門も何かを探っている感じでもある。この時点で才門が1番怪しいのだがどうして才門が清春を助け続けるのかも謎だ。

そしてまさかの警察組織をベルムズが襲うという展開には本当にこの警察大丈夫か?と思う程警察内部で色々なゴタゴタがあるようだ。そしてそこで仲間を助けに入った元リーダーは清春に何かを伝えようとしたがまたもガスマスクの男に嵌められてしまう。

清春は射殺された元リーダー殺しで逮捕されてしまうのだった。そしてニッポンノワールという組織のマークを見ると清春は何かを思い出すように催眠が施されているようで清春は碓氷薫から衝撃的な事を聞かされていた事を思い出す。

それは碓氷薫が10億円強奪事件の犯人だという事だった。どうして碓氷薫が10億円を強奪しなければならなかったのかは今後解明されていくのだろうが、それ以上に清春が警察から追われる身になった事で波乱の2部を迎える事になった。

次回はいよいよ2部のスタートとなる。果たして清春は才門に助けられた事でどう警察組織と対峙していく事になるのだろうか?その展開から目が離せない。