3日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第4話を視聴した。

今回は才門が消えた事で南武一課長は才門の行方を追っていた。しかし南武一課長はアリバイがある日に海外出張ではなくある人物と会っていた事が判明する。そして克喜の父親は誰なのかで清春は錯綜する。最初は才門、次に南武と碓井薫は最後まではぐらかせた事で誰が克喜の父親なのかわからない。

そんな中で克喜が南武を呼び出して2人で撮った写真を渡すと呼び寄せた。そこに清春も駆けつけて南武から事情を聞くと江國刑事に南武も清春も撃たれて絶体絶命だったが、清春の機転で難を脱出したが黒幕の手下に狙われて追いかけるもそこで謎の動画を見せられた事により清春は克喜の子供について碓井刑事に聞いた事を思い出したシーンがメインだった。

ストーリー



今回は才門が姿を消した事で南武一課長は才門を追っていた。もちろん清春も才門を追っていたが、才門から南武一課長は怪しいという話を受けて南武もマークし始めた。しかしそこに南武は署長から警察組織の闇の部分を署長が語った事でこの事件は何かがあるという事だけはハッキリする。

その中で克喜の父親は誰なのか?というのが焦点になった。ここまで碓氷薫は克喜が誰の子供なのか1つも話しておらず誰もが克喜の父親は誰なのかわからないままだった。才門なのか?南部と仲が良いために南武ではないか?と疑う清春だったが、そこに江國が誰かに自分の妻の臓器移植について狙われている事を知る。

そんな中で何者かが南武を盗聴している事を南武自身が確認した事で南武は黒幕をおびき寄せるために克喜からの連絡を利用してわざと来るように仕向けた。そんな状況で清春も克喜が南武に会う事を知り駆けつけるが、南部は克喜から写真を受け取るだけだったが、そこで後方に控えさせていた江國に狙われてしまう。江國も何者かに脅されていたのだった。しかし清春も先回りして江國の妻を安全な場所に確保した事を告げて寝返りを計った。そこに南武と清春を狙いに来た黒幕の手下に絶体絶命のピンチに陥るも江國の寝返り成功で難を逃れ手下を追いかけるがそこで清春はある動画を見せられて倒れてしまう。

そこで清春は記憶を1つ取り戻す事になるのだが、その前に清春は才門に助け出された事になっており、その間に江國が手下に狙撃されて倒れていたのだった。

蘇った記憶では清春が克喜の父親だと薫が言っているのだがそれはどういう事なのだろうか?

次回は1部完結編という事で江國が言い残したニッポンノワールという組織はどんな組織なのだろうか?その組織の正体に注目だ。