5日ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」第4話を視聴した。

今回は壮大が片山関東病院との提携話を院長に内緒で進めようとしていた。

院長の耳に入れば当然反対するのは当然だっただけに

壮大は脳外科手術ができる病院が必要だった。

そして難易度の高い患者も来るという事で経営的にも安定する。

そんな中で沖田は由紀をオペナースに連れていく事を

条件として連れていく事になった。

しかしそこで沖田の指示は正しいのに相手の医者は違った器具を要求して関係が悪化した。

その責任を由紀に負わせた。

由紀はそれを知り病院を辞めると言い出す。

事情を知らず辞めると言い出した由紀に沖田は辞めれば?と言ってしまう。

しかし事情を知り沖田は後悔する。

そして井川が由紀に色々事情を知ると由紀は医者になりたかったが

お金がなく医者になる事を断念して看護師資格を取得した経緯が話された。

そして沖田もまた深冬の話を受けて自らの言葉で

由紀に言い過ぎたと謝罪し由紀は復帰して沖田の手術で絶妙なコンビをみせた。

その直後深冬は沖田の前で倒れたシーンがメインだった。
ストーリー

壮大は片山関東病院との提携話を院長に内緒で進めようとしていた。

提携が決まれば高度な治療を必要とする患者が壇上記念病院に廻ってくるため、

この機会を利用して病院の知名度と採算性を上げられると考えていたのだ。

壮大は沖田に、難易度の高いオペを片山関東病院で行って欲しいと依頼し、

沖田は由紀をオペナースとして連れて行くことを条件に引き受ける。

ところが手術当日、器械出しをしていた由紀のある行動が問題にされ、

壇上記念病院と片山関東病院の提携話は頓挫しかける。

由紀の器械出しの技術を高く買っている沖田だったが…。

以上A LIFE〜愛しき人〜HPより


今回は深冬のために壮大は病院経営を安定させるために

片山関東病院との提携話を持ち掛ける。

最も赤字幅の大きい小児医療の負担が大きく、

この医療の為に提携は必需だった。

そこで提携に先立ち壮大は沖田を派遣して難易度の高い手術を行おうとする。

しかし沖田は1人ではなく由紀も同行していく事が条件という事で

由紀と井川先生が同行していく事になった。

その中で相手の医者が沖田の要求した内容と違う器機を

由紀は手渡した事で相手の医者が激怒したが、沖田は正しい判断だったと話す。

そして手術は沖田の的確な判断で成功したが、

相手病院は恥をかかされた事による責任を由紀に負わせた。

壮大は苦渋の決断で由紀をオペから外させたが、由紀は辞めると言い出す。

事情が分からず井川も沖田も驚くが、

沖田は最初由紀がどうして怒っているのかわからず、辞めれば?と問いかけてしまう。

そして井川もまた由紀に空気を読めない言葉を投げかける。

そんな由紀が語ったのは本当は医者になりたかったが、

実家が倒産した事でなれず借金をして看護師になったという事だった。

医者になるには莫大なお金が必要であるし、何より授業料が非常に高い。

その中で行ける人はお金を持っている人たち位が現実であり、

由紀は行きたくても行けなかった。

なりたくてもなれなかったのだ。

それを知った沖田は改めて深冬のアドバイスから由紀に謝罪し、

必要だという事を改めて告げる。

由紀も自分自身に非があった事で再び見つめ直し、

由紀は再び沖田の手術のオペナースとしてコンビを組んだのだった。

そして手術は無事に成功した。

しかしその間に壮大は苦渋の謝罪をし、深冬が倒れてしまったのだった。

次回は深冬が倒れた事で一刻の猶予もなくなった。

果たして沖田は深冬とどう向き合っていくのか?

その症状に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。