22日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」第6話を視聴した。

今回は18年前の事件を検証することになった深山は

当時事件に関わっていた佐田も巻き込んで事件解決に奔走するが

時代が立ちすぎてなかなか証言を得られない。

そんな中で当時の交流関係から聞き込みをすると不可解な証言を得ることに成功した。

しかし問題はこの証言を検証できるかにかかっていたが、

もう一度18年前と同じように検証すると今の技術で

バイクに映っていた人物の身長が175cmであり、

捕まった犯人とされた人物が165cmだった事で大きな矛盾が生じて

不可解な証言をした人物に再度その事を聞き込むと

事件の内容が明らかとなり真犯人を突き止めた。

これにより18年前の犯人の無罪が証明され、

アリバイした人物もアリバイが崩れ逮捕される方向になったシーンがメインだった。
ストーリー

深山 は、18年前に自殺した 谷繁の父親が、実は自殺ではなく、

三枝に殺害された可能性が高いと考える。

彩乃ら刑事事件ルームのメンバーと共に調査を積み重ねた結果、

ある事実にたどり着き、確証を持って三枝を追及する深山。

しかし三枝は、18年前の同じ日時に起きた 「杉並区資産家令嬢殺人事件」 で

「犯人を目撃した」 と証言していた。

そして、その三枝の目撃証言が重要な決め手となって、

犯人が逮捕され、有罪が確定していたのだ。

つまり三枝には、谷繁の父が殺害された時刻には、

もうひとつの事件が起きた付近におり、谷繁の父を殺害するのは不可能である、

というアリバイがあったのだ。

深山は三枝がアリバイ作りのために “嘘の目撃証言” をした可能性もあると考え、

その目撃証言の調書を作った検察官であった 佐田 を厳しく追及する。

佐田だけが知る “18年前の事実” とは一体 ——。

さらに深山と彩乃は、18年前に三枝が 「犯人を目撃した」 と証言した現場に足を運ぶ。

すると18年が経ち手がかりなど何も残っていないと思われた現場から、

思いもよらない事件解決の糸口が見え始め…。

以上TBS99.9−刑事専門弁護士−HPより


今回は容疑がかかっている社長が絡んだ18年前の殺人事件の証言について

調べ始めた深山は当時事件に関わった佐田を巻き込んで捜査を開始する。

その中で18年を経ていると色々な記憶が曖昧になりがちだが

当時のビデオから当時証言したとされる橋は通行止めとなっていた事を突き止める。

しかしその証言は誤りだったと検察が再び検証しなおしたことで

再審棄却となり再び火が付いた深山たちは

今度は女子大生殺人事件の検証に視点を移した。

そしてそこでいろいろな証言を再び検証しなおすと1人の人物に矛盾した証言があり、

その証言は事件を知るものでなければわからないものだった。

そして事件を再び検証するとこの事件は

当時犯人として捕まり実刑判決後刑務所で

亡くなった犯人とされた人物でないことが明らかとなり、

そしてその犯人は女子大生への交際による逆恨みの犯行だったことも突き止め、

深山はその人物に問いつけた結果自供し事件は

犯人とされた人物の名誉回復となる無罪となり

アリバイした社長の証言が崩れて社長は逮捕されることになったのだった。

この事件はその後犯人が結婚した人の人生まで狂わせただけでなく

多くの人たちを苦しめることになる事件だ。

1つの嘘が大きな嘘となりその後の罪を積み重ねている悲しき事件でもあった。

次回は完全犯罪の中で深山は事件の真相に迫る。

果たして完全犯罪を突き止めることができるのだろうか?

その完全犯罪に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。