4日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供彗7話を視聴した。

今回は佐田が顧問弁護をしていた社長が失踪した事で検察庁に呼び出されて逮捕されるという事態が起きた。佐田は当然心当たりがなく深山が調べ始めるが、社長が失踪した経緯が不透明のままだった。調査を重ねる深山はそこにある女の存在が判明するが、その女も何か隠していると感じた深山が探るとその女の部屋から背広やメガネが出てきた事で女を問い詰めると殺された日の朝に社長が持っていたスマホとは別のスマホがある事を知り、そのスマホの伝言からある事実を知った深山は真犯人を突き止めて佐田の無実を証明したシーンがメインだった。


ストーリー

佐田が顧問弁護を務めるオガタテクノロジーの社長・緒方が失踪した。検察庁に呼び出された佐田は検事から、緒方が1週間前に会社の資金3000万を引き出した後、姿をくらまして業務上横領の罪がかけられてることを聞かされる。
さらに、失踪当日に佐田の個人口座へ300万円の振り込みがあったことも分かり、佐田は業務上横領幇助ぎょうむじょうおうりょうほうじょの容疑で逮捕される!
弁護を請け負った深山と舞子はオガタテクノロジーを訪れ、専務の大河原孝正と経理担当の中村麻美から話を聞く。さらに、従業員の笹野桜立ち会いの元、緒方の自宅を見せてもらうことに。そこで深山はある矛盾に気付く——。

そんな中、佐田の担当裁判官に意味深な笑顔で近づく川上。その川上の真意は!?

やがて、佐田の公判が始まる—
果たして、深山と舞子は佐田を救うことができるのか!?

以上TBS99.9-刑事専門弁護士-SEASON兇茲



今回は何かと災難続きな佐田先生がまさかの逮捕という衝撃的な展開となってしまった。顧問弁護をしていた会社の社長が失踪し、その失踪容疑と横領容疑で逮捕されてしまったのだ。当然佐田に見覚えがなくあえなく深山にこの事件の真相を調べてもらう事になるのだが、300万を振り込まれた事について調べる深山だったが、これは正当な顧問料であり横領のお金ではない。


問題は社長がどうして失踪したのか?という事になるのだが、この事件のカギを握っている女と接触する事に成功した深山はこの女が何かを知っていると張り込みをさせる。その中で従業員の証言とこの女の証言にある違和感を感じた深山はその証言からこの女が事件の真相を握っている事を確信し、調べた結果社長と交際し、背広やメガネを忘れた事も突き止めた事で女はある証拠を提供します。そこでわかったのはこの女が犯人じゃないという事でした。そして真犯人を確信した深山は犯人をおびき寄せる為に罠を仕掛けて真犯人の逮捕に成功し佐田の無実を証明したのでした。


次回は選挙候補者の殺人事件に深山が挑む。果たして毒ようかんの真相はいかに?その真相に注目だ。