4日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供彗4話を視聴した。

今回は刑事事件の相談に来た女性が夫は殺人をやっていないと主張して深山がこの事件を最初から検証し始める。佐田はこの案件には乗り気でなかったが深山のペースに乗ってしまいまたも民事で失態を犯してしまう。深山はこの事件を検証するに当たり数多くの矛盾を掴み始めていたが決定的な証拠がまだない。

そんな中で裁判が始まり証人の証言からいくつかの矛盾を掴んだ深山はこの事件は依頼者の夫が殺した事件ではない事を確証した。そして深山は法廷で証人の証言の矛盾を突いて見事に承認の嘘を証明して真犯人は逮捕されて事件は解決したシーンがメインだった。

ストーリー

斑目法律事務所に岩村梢が刑事事件の弁護で相談にやってきた。被疑者は、梢の夫で工場の社長・岩村直樹。直樹が、取引先のタナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎を殺害後、自殺したのだ。
その後、事件は被疑者死亡のまま書類送検されて、不起訴処分になっていた。さらに、梢は幸次郎の兄でタナハシ機械製作所の社長・政一郎から3億円の損害賠償請求をされていた。
しかし梢はその日に届いたメールから直樹は絶対に殺人を犯してないと確信していて、何としても無実を立証してほしいと依頼してきた。

佐田は、被疑者死亡の場合、裁判が開かれないからこれ以上の弁護は無理だと説明して、依頼を断る。しかし、深山は、すでに事件現場に向かっていた。

舞子は連れ戻すよう佐田に指示されたが、結局深山のペースに巻き込まれる。しかし、細かく調べていく中で、警察と検察の刑事記録に矛盾があることが判明する…。

一方、佐田は直樹がエンジンに関する特許を個人で持っていて、莫大な価値があったことに気付く。政一郎は、梢に相続を放棄させることで莫大な価値があるこの特許を手に入れようとしていたのだ。
佐田は、梢の依頼を正式に引き受けて、さっそく政一郎の弁護士・森本貴に会いに行く。森本は、民事でやり手の弁護士で、佐田とは面識はないが、お互い名前を知っている、ライバル関係だった。
深山たちは状況証拠を揃えて、検察に再調査を依頼するが、跳ね除けられる。
すると佐田がある奇策を思いつく。
斑目法律事務所のメンバーは、この絶体絶命の状況をひっくり返し、無実を証明することはできるのか!?

以上TBS99.9-刑事専門弁護士-SEASON兇茲



今回は刑事裁判では不利な状況という事で佐田は民事裁判で何とかしようと持ち込もうとするが、深山は相談者の女性が主人は殺人をやっていないと主張した事でこの事件を検証する事にした。原因は突然契約を打ち切られた事によるものの犯行とされたこの事件だったが、調書からではわからない大きな矛盾を数多く発見した深山はそこから色々な角度で検証を始めていく。


裁判では証人の証言で被告の犯行は間違いないという状況だったが、深山はその証言を元に再度検証を行うと明らかな矛盾を発見した。発見当初の服装を本来なら犯人以外に知る由がなかったからだ。


その矛盾に気づいた深山は証人がうその証言をしている事を証明するために証人が話した内容を再度突くと証人はしどろもどろとなり、嘘の証言をしていた事を認めた。これにより犯人は殺害して自殺した依頼者の夫でない事が確定し、真犯人は法廷にいたもう1人の犯人である事が確定した。


深山の再検証というやり方に尾崎も改めて調書だけではわからない事があると知っていくのだった。


次回は怪我をした依頼者の代わりに弁護してほしいと頼まれた深山は大きな壁にぶつかる。果たして深山はこの壁を超える事ができるのか?その壁に注目だ。