21日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供彗2話を視聴した。

今回は深山の父が逮捕された事件証拠から手掛かりが見つかり再び26年前の事件と向き合う。当初この事件は物的証拠が乏しく検証は難航したが、あるお守りから手掛かりを探り出した。そしてわかったのは当時送った当時の中学生がコンビニの前で立っていたのを見て車に乗せて送ったのだった。その証言が抜けており、その証言を1つ1つ洗い直す深山の捜査手法に尾崎は深山の過去を知った上で捜査に協力していく。そして捜査の先にみたのは警察の証言や証拠の検証が不十分だったという事だったシーンがメインだった。

ストーリー

深山は、美由紀から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていた。美由紀は、26年前に、深山の父親・大介が逮捕された殺人事件の被害者・美里の妹だった。美由紀が深山に渡したのは見覚えのない水晶の遺留品。
当時、事件現場に落ちていて、美里の遺留品として警察から母親に返されていた。しかし、それは美里のものでもなく、大介のものでもなかった。そうだとすると、現場に第三者がいたという新たな証拠なのか…。

その遺留品をもとに、深山はもう一度26年前の事件に隠された0.1%の事実を追い求める。そして、それは大介の事件の担当検事だった宿敵・大友検事正との対決も意味していた。

そんな中、金沢地方検察庁には、以前、深山が担当した事件の検察官だった丸川貴久が人事異動で赴任していた。深山は丸川に調査の協力を仰ぐのだが…。

一方、舞子は、斑目法律事務所の所長・斑目春彦から打診を受け、事件の調査に加わることになり金沢へ向かう。

そして、家族で休暇中だった佐田も、斑目の策略で金沢に向かうことになる。

果たして、26年前の父親の無実は証明できるのか!26年目に解き明かされる驚愕の事実とは!?

以上TBS99.9-刑事専門弁護士-SEASON兇茲



今回は深山の父が殺人事件で逮捕された件と向き合った訳だけれど、既に当時の法令上で時効が成立しており真実に辿り着けても無実を証明する訳ではなかったが、深山はずっと真実を追いかけている。その中でお守りを渡された事である事実にぶつかるが、その事実には調書や証言にはないものだった。


そこで1つ1つ洗い直していく事で当時には気づかなかった事が1つ1つ気づいていく事になるが尾崎はこの深山のやり方をみてこれまでの裁判官の経験だけでは真実を知る事ができないという事を察するようになる。証言や物的な証拠から真実は異なる事までは掴んだものの結局この真実に辿り着くのは容易じゃないという事で。終わった



次回はロック歌手の殺人事件に深山が挑む。果たして深山はこの事件に対して真実に辿り着けるのか?その真実に注目だ。





99.9-刑事専門弁護士- Blu-ray BOX
松本 潤
TCエンタテインメント
2016-10-05