1月14日スタートのドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供廚鮖訥阿靴拭

このドラマは2016年4月に放送された99.9-刑事専門弁護士-の続編であり、99.9%有罪とされた事件に深山大翔が挑んでいくストーリーである。新たなるパートナーと共に再び99.9%の事件に深山大翔は挑む。

SEASON兇箸い事でこれまでにない展開もあるだろうとは思うけれど、基本は深山の最後まで諦めない証拠集めが主体になっていく。今回は立花先生から尾崎先生に代わる訳だけれど、今度は元裁判官という事でまた違った視点で見る弁護士が登場したという事だ。初回は尾崎先生が友人と共に訪れた殺人事件について証拠を集める事になる。この証拠集めで果たして深山は容疑者の無実を証明する事ができるだろうか?

新キャスト

尾崎舞子演じる木村文乃

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

深山大翔は、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士。そんな超型破りな弁護士・深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦は頭を抱えていた。

そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘。
所長の打診に全身全霊で抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
こうして、再び深山と佐田の名コンビが復活する。

そんな中、とある殺人事件の弁護依頼が舞い込む。依頼人は、加害者・鈴木二郎の娘・加代。
鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。そして、依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきたのは、元裁判官・尾崎舞子だった。舞子はエリート裁判官として、順調にそのキャリアを重ねていたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官。司法の世界から距離を置いていた矢先に、加代に相談されて、やって来たのだ。

しかし、舞子が、深山たちに求めたのは、加代の父親の無実を証明することではなく、情状酌量だった。舞子は裁判官時代の経験から、調書を見る限り加代の父親の犯行であることは明らかだと考えていた。

そのため、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と、真っ向から対立する。一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、あることを画策する――。

調書だけを見れば、有罪は確実。裁判で覆すことは困難に見えるこの殺人事件…果たして深山たちは事実を明らかにすることができるのか?

以上TBS99.9-刑事専門弁護士-SEASON兇茲


今回は大幅に人事異動があった斑目法律事務所で奮闘する。立花がアメリカへ行き、その結果深山の助手が事実上不在となった訳だが、ここに佐田も戻ってきて再び2人のバトルが始まるのだが、ここに今回事件の依頼に来た尾崎舞子とその友人が殺人事件の弁護の依頼に来た。被告は無罪を主張しており、深山は最初から洗い直す事から始めるが尾崎は元裁判官という事で弁護士より優秀でなければ裁判官にはなれない。


そんな尾崎が深山のところに依頼してきたのだからいかに厄介な案件なのかという事だ。その事件では被告は無罪を主張しておりこの事件で被告がやっていない事を証明しなければならないが、この時点で電話と写真の決定的な証拠が揃っており、この証拠をどう踏まえるかが最大のポイントだった。故に深山は最初から全てやり直すという洗い直しの手法でこの事件の経緯を見つけていくが、この状況からわかった事は犯行は供述通りでは無理だという事だ。突然殴られて殺されたと状況で口論になる事はまずありえない。


その先にこのアリバイと証拠を崩さなければならないが、このやり方に尾崎は疑問視してしまう。しかしブレない深山は徹底的に事件を洗い直してついて決定的な証人を探し出す事に成功した。その承認が持っていた動画から犯人は被告ではないと決定的な矛盾を見つけた深山は裁判でその証拠を決定的に突き付けて事件は見事にアリバイ工作による濡れ衣と証明されたのだった。


この事件を機に尾崎は深山と共に捜査していく事になるが色々大変そうな状況である事に変わりなさそうだ。


次回は26年前の事件に深山は向き合う。果たして26年前の事件の真相は?その真相に注目だ。





99.9-刑事専門弁護士- Blu-ray BOX
松本 潤
TCエンタテインメント
2016-10-05