4月17日スタートのドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」を視聴した。

このドラマは刑事専門弁護士が0.1%の無罪の可能性を信じて真実を追求するドラマである。

冤罪事件もある中で被疑者の無罪をどう証明していくのか注目したい。
起訴されれば99.9%有罪と言われる中で起訴された後に

無罪を勝ち取る事がいかに難しいのか?それは言うまでもないけれど、

弁護士の前に警察、検察機関があるからに他ならないが、

近年その両機関で自白で事件を立件するケースもない訳ではない。

そんな0.1%の無実の可能性に賭けた弁護士の真実を追ったドラマである。

もちろんすべての事が無罪になる訳じゃないだろうが、

無罪の可能性がある限りその真実を追求していく事は間違いではない。

その真実の先にあるものとは?

キャスト

深山大翔演じる松本潤

佐田篤弘演じる香川照之

立花彩乃演じる榮倉奈々

丸川貴久演じる青木崇高

明石達也演じる片桐仁

藤野宏樹演じるマギー

戸川奈津子演じる渡辺真起子

落合陽平演じる馬場徹

佐田由紀子演じる映美くらら

坂東健太演じる池田貴史

加奈子演じる岸井ゆきの

志賀誠演じる藤本隆宏

大友修一演じる奥田瑛二

斑目春彦演じる岸部一徳

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

深山大翔は、お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士。

ある日、何度も無罪を勝ち取っている実績を買われ、

日本4大法律事務所の1つ、

斑目法律事務所の所長・斑目春彦 からヘッドハンティングされる。

社会貢献の名目で新設された斑目法律事務所の刑事事件専門チームに

パラリーガルの 明石達也とともに移籍した深山であったが、

バディを組むはずの室長・佐田篤弘は、

大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤー。

斑目から1年後のマネージングパートナー昇格を条件に出され、

渋々異動を了承したものの、金にならない刑事事件には全く興味がない様子だ。

さらにチームのもう一人の弁護士である 立花彩乃も、

斑目の命により、これまでの業務とは全く畑違いの刑事事件ルームに

嫌々入ることになってしまった弁護士だった。

そんなチームのもとへ殺人事件の弁護依頼が舞い込む。

依頼人の赤木義男は運送業の経営者で、

流通業界の風雲児としてメディアを賑わせたネットショップ社長が

殺害された事件の殺人容疑として逮捕されたが、

本人は酒に酔っていて事件当日の記憶がなく、事件の関与を否定。

無実を訴えている。

しかし、検察庁の調べによると、

指紋のついた凶器や防犯カメラの映像などの物的証拠に加え、

容疑者の赤木は被害者から仕事の契約を一方的に打ち切られており動機も充分。

まさに赤木が犯人である条件が揃っていた。

検察は有罪確実な案件しか起訴しないから

日本の刑事事件は起訴されると 99.9% 有罪になる。

検事出身の佐田は、容疑者に罪を認めさせ反省を示した上で

情状酌量を探る道を探すのが弁護士の仕事だと深山に促す。

だが、深山は 「肝心なのは調書より事実。

99.9% 有罪が確定していても、0.1% に事実が隠されているかもしれない」 と諦めない。

そして、事件の状況を丁寧に検証する深山の頭には、ある可能性が浮かんでくる。

その可能性を探るためには、佐田の力が必要になるが…。

果たして、深山たちは事件の真相を明らかにすることができるのか?

以上TBS99.9−刑事専門弁護士−HPより


今回は深山大翔はお金にならない事件の弁護をする貧乏弁護士だった。

しかしそんな深山も数々の無罪を勝ち取ってきたことで

班目弁護士事務所という弁護士事務所にヘッドハンティングされる事になる。

当初は断ったものの、

パートナーの明石達也と共に移籍する事を条件に班目弁護士事務所に入る。

そしてそこで民事のスペシャリストである佐田篤弘、

そして別の専門分野を担当していた立花彩乃らと共に

刑事事件の弁護をしていく事になるが、しばらくは立花彩乃と共に行動していく。

そんな深山のモットウは現場至上主義!

事件現場をくまなく検証して事件の検証通りなのかを再現して検証していく。

検証によって不自然な点やこれまで気づかなかった点を洗い出していく。

この手法によりどんなに細かい現場でも色々と立証していくのだが、

当然壁にぶつかる部分もある。

今回の事件はネットショップ社長殺人事件だが、

事件の真相を追うと当初容疑者として捕まった

運送業経営者は事件当日お酒によって寝込んでおり、犯行は不可能と証言していたが、

身近なところから凶器と服が見つかった。

そして防犯カメラにも映っているという事で

決定的な証拠が決め手となり逮捕に至ったようだ。

しかしこの事件には矛盾が多くあり、防犯カメラに映った姿勢はかなり動きに無理があり、

目撃証言もその場所に不自然な事も少なくなかった。

そしてくまなく現場検証をした結果この事件は別に犯人がいる事を突き止めた。

それによりこの事件は法廷で深山が用意した検証ビデオで目撃者証言に

虚偽がある事を追及で突き止め被疑者の無罪を勝ち取ったのだった。

やはり現場検証を確りする事で真実が見えるというのが

このドラマの流れになりそうだ。

次回は正当防衛を主張する被疑者の弁護をする事になる。

果たして深山は無実を証明する事ができるのか?

その検証に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。