21日新潟市で行われたAlbirex Supporter’s Awards 2014に参加して参りました。

このイベントはアルビレックス新潟サポーターで運営されている

サポーターズリンク新潟主催のサポーターによるイベントで

独自に様々なアルビレックス新潟に関する賞を決め

サポーターとの交流を図るイベントで2007年以来の開催という事です。

こういう会にこれまで出た事はありませんでしたが、

1度は見ておきたいと思い参加致しました。
まず率直に私自身普段ビックスワンには1人で行く人見知りの人なので

誰かと行動する事が非常に苦手です。

そして何よりSNSメンバーの集まりなので

サポリン部外者の私が出る事は完全アウェイへ1人で乗り込むと同じ事でもあります。

SNS上では数多くの新潟サポーターにフォローされたりしていますが、

いざSNS以外でお会いした事は1度もありませんので

大体これまでSNS上のツイートなどでどう思われているかを

ある意味知っているんですよね。

逆にSNS上ではかなりの人は知っていても実際に会った事がないから

逆に紛れ込めるという事を踏んで完全アウェイに乗り込んだという感じですね。

まあ数人の方とは多少お話しできたので

3時間全く一人でいた訳ではありませんでしたが

なかなかSNSの大勢多数のイベントへ行く事は

私がそれだけ大きく感じるのだからそうじゃない人は

敷居が非常に高いイベントかもしれない。

まあ実際にSNS上の人があの人なのかというのは何名か確認できたので

逆にこれからも知られずにこういうイベントにいられるのかもしれません。

今回お話しした方でフォローして頂いている方と話していたりしましたが

相手は気づいたでしょうかね?

それは余談ですが、やはりサポーターによる独自イベントなので

企画が非常に面白かったですね。

特にサポーターが決める各賞については私自身も投票したのですが、

MVPは断トツでレオ・シルバ、ベストゴールは32節のレオ・シルバのFK、

Still growing up 賞には小泉慶、MIP賞には守田達哉、などなどあり、

ベストチャント賞は守田のテーマと色々な賞がありました。

それ以外にも相手チームの事も語られていましたが、

これについては当ブログやTwitterのフォロワーの事もありますので紹介しません。

紹介できるのは自分のチームだけという事にします。

その中でサポーターアクション賞があったのですが、

そこでカシマスタジアムで行われたホーム戦は

行けない人が多いのにチケットはかなり売れていたという話しがありました。

実際に私も行けなかったけれどチケットを買った口なので

なるほど行けなくても買う事で選手たちの士気が上がり頑張れるのかと思うと

買った事に意味はあったのだと感じています。

そして最後にはこのイベント赤字という事で色々浜崎さんから語られましたが、

こういうイベントを行うにも色々な人たちの協力なくしては

成し得ないのだという事も感じましたし、

彼らを外部からではありますが微力でもサポートできればと思い昨年同様支援いたしました。

最後にこういうイベントに参加する事でサポーターの人たちが

どう考えているのかを知る事ができるイベントでもあるので

こういうイベントは今後も継続できる事を祈っております。

次回は来年2月?に行われるサッカー楽会第2回に出席を現在予定しております。

前回は観客を増やすには?という題材に参加致しましたが

次は後援会の題材に参加したいと思います。

少しでも若い世代が参加し易い事が言えるようにしたいところです。

alb2014.12.21


ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。