11月29日公開の映画「寄生獣」を鑑賞した。

この作品は岩明均原作の寄生獣を映画化した作品でパラサイトが

人間の脳を乗っ取り人を食う事件が頻発し、

その中で脳を乗っ取られず右手にパラサイトが寄生した

青年がパラサイトと接触するうちにパラサイトの知能指数の高さと

パラサイトの細胞と融合して行く事で次第に

パラサイトとの戦いに身を投じて行く事になるストーリーである。

人を食うというのは私たち人間が動物を食べる事と変わらないものの、

人間の行動や考え方を習得して行動して行くパラサイトの知能指数の高さに驚愕するだろう。
人間が牛や豚を食べるようにパラサイトは人間を食べるという正反対なだけであり、

食べるという部分では人間もパラサイトも変わらない。

ただ1つ違うのはパラサイトは増殖できないという事だけは人間と決定的に違うという事だ。

人間は子供を産む事で人を増やす事ができるがパラサイトにはできない。

ただパラサイトの知能指数は人間をはるかに超える存在である事が

このストーリーでは描かれている。

元々動物は本能で動けるようになっているが、

それがどうしてなのかは解明されていない。

この時点でハッキリしているのはパラサイトは

脳を奪う事で人間として生きる事ができるという事、そして人間を主食としている事だ。

その中で脳を奪う事に失敗したパラサイトが

人間の右手に寄生して共に相互理解を図っていく。

果たして人間とパラサイトは共存できるのだろうか?

キャスト

泉新一演じる染谷将太

ミギー演じる阿部サダヲ

田宮良子演じる深津絵里

村野里美演じる橋本愛

島田秀雄演じる東出昌大

倉森演じる大森南朋

広川剛志演じる北村一輝

泉信子演じる余貴美子

三木演じるピエール瀧

浦上演じる新井浩文

平間演じる 國村隼

後藤演じる浅野忠信

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

ある夜、海辺にパラサイトという小さな寄生生物が流れ着く。

その寄生生物は人間の脳を乗取って肉体を操り、他の人間を捕食し始める。

平凡な高校生活を送る泉新一にも1匹が寄生しようとしたが、

新一を襲った寄生生物は脳を奪うことに失敗し、

不本意ながら右腕に寄生することとなった。

新一は周囲の人間に真実を打ち明けることも出来ずに悩んでいたが、

やがて新一とパラサイト・ミギーは友情に近いものを感じるようになっていく。

しかし、新一とミギーの前には他のパラサイトが現れ始め、次々と攻撃をしかけてくる。

事態は深刻度を増し、パラサイトが人を殺し、また人がパラサイトを殺す事態に発展。

その中で、高校教師として目の前に現れたパラサイトの田宮良子を筆頭に、

パラサイトたちにもそれぞれの価値観が生まれ始める。

「われわれはなぜ生まれてきたのか?」

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとしてある夜に海辺からパラサイトが漂着し、

パラサイトが人間の脳を乗っ取り人間を捕食して行く事で事件が始まる。

パラサイトが何処から現れたのかは正直謎であるが、

パラサイトが人間の脳を乗っ取る事で人間の思考や考えを

瞬時にマスターして人間界に潜り込んでいく。

そんな中で1匹のパラサイトが脳の乗っ取りに失敗し、

平凡な高校生だった泉新一の右手に寄生した。

パラサイトはミギーと名乗り右手で新一と共存する事になった。

理解し切れない新一は当初は混乱したものの、

次第にこの共存を誰にも話せずに新一とミギーとのやり取りが始まる。

ミギーはわずか1日で日本語を習得し、更には色々な知識を習得する。

そして新一の恋人である村野里美をどう思っているのかも知り尽くされる。

共存しているからこそ知る事があるのだが、

ミギーは新一から色々なものを見させてもらう事で人間を理解しようとする。

そんなある日新一とミギーは初めてパラサイトに乗っ取られた人間と遭遇する。

新一とミギーは当初対話をしようとしたが、ミギーは出来損ないと攻撃し始めてきた。

ミギーは止む無くそのパラサイトを殺して新一はその場を逃げ出したのだった。

そんな2人の前に田宮良子というパラサイトに寄生された人物が現れる。

良子らパラサイトはそれぞれネットワークを作り行動していると告げられ、

新一とミギーはその面々と対面する。

それにより新一は次第にこの事態が深刻なものと受け止め1人抱え込む事になる。

そんな中で決定的な事件が起きる。

良子により対面したAという警官に新一とミギーは襲われる。

襲われた新一とミギーはミギーの誘導で何とかこのAを倒す事に成功するが、

Aは死に切れていなかった。

そんなところに新一の母信子が不幸にも通りかかり、

パラサイトに襲われた信子は乗っ取られ、その足で新一とミギーを襲う。

確かにこの場合新一が躊躇うのは仕方ない。

そして新一はパラサイト信子から致命傷となる重症を負うのだった。

しかしここでミギーが新一の体内に入り込み、

新一はミギーによって救われるが、

それにより新一は驚異的な身体能力を身に着ける事になる。

パラサイトは元々人間に寄生できるのだからその細胞が

人間の細胞と共存して驚異的身体能力を得るのは当然と言えば当然の融合でもあるが、

それにより新一もこれまでにない感情を抱える事になる。

そして新一とミギーの前に島田と名乗る良子の仲間が登場し新一は監視される。

そんな中で信子の失踪などで警察も動いていたが、

警察もこの不可解な事件を密かに捜査を進めていた。

そんなある日良子は妊娠を理由に学校を辞める事となり、

新一とこれまでの経緯を話していた中で島田がパラサイトで

ある事を知られた事で暴走する。

そこに里美もおり、新一は里美を助ける為に島田との戦いに挑む。

果たして新一は島田との戦いで里美を守る事ができるのだろうか?

続きは劇場で観てほしいけれど、まず新一とミギーとの融合の経緯から描かれ、

その中で新一とミギーは次第に理解を深めて行く経緯が描かれている。

パラサイトは感情も読み取る事ができる故なのだが、

ここでパラサイトであっても自分の身を守るためには

パラサイトと戦う事を選ぶミギーの姿も描かれている。

弱肉強食の世界ではこれは自然の流れだし、

その中で生き残るには当然の選択肢でもある。

その中でミギーはどうして誰かを守るのかを理解し始めて行く訳だけれど、

当初はどうして新一がパラサイトに寄生した信子と戦えないのか理解しかねていたが、

里美を助けに行く気持ちで新一いや人間が誰かを助けるという感情を理解し、

ミギーはそれによりパラサイトは共存できると考えるようになった。

そして良子もまた人間の子供を妊娠した事で

感情の変化とこの状況でも共存できると感じるようになる。

色々と試している立場であるが、中には政治家となり、

人間を捕食しようと企む者たちも登場し、事件はさらに広がっていく事となった。

この作品はこれが前編なので後編となる完結編で

どういう決着を観る事になるのか総評するつもりです。

果たしてパラサイトは人間と共存できるのか?

そしてパラサイトと融合した新一はこの戦いで何を見ることになるのか?

全ては完結編で明らかになる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。