26日サッカー天皇杯2014準決勝が行われ、

ガンバ大阪は清水エスパルスと対戦し

5対2で圧勝し2年ぶりの決勝進出を果たした。

J2対決となったモンテディオ山形対ジェフ千葉は

3対2でモンテディオ山形が競り勝ち初の決勝進出を果たしたJ1昇格プレーオフへ弾みをつけた。

これで決勝はガンバ大阪対モンテディオ山形となり

モンテディオ山形にとって大きな臨時収入を手に入れることになった。
相次ぐ強豪が破れる波乱の中でガンバ大阪だけが順当に勝ち進んだ。

あれだけの攻撃力があれば東口の堅守を持ってすればこれは当然というところだ。

決勝でも圧倒的攻撃力で制覇する事だろう。

一方モンテディオ山形はJ1浦和を撃破する快進撃で決勝まで進んできた。

決勝に進出した事で5000万を手にしただけでなく、

ガンバ大阪がJ1で優勝すればスーパーカップ出場権を自動的に手にすることになる。

その時点でスーパーカップでは優勝3000万、準優勝2000万なので

最低でも7000万の臨時収入を手にする事ができる。

財政的に厳しい山形にとってこれ以上の臨時収入はない状況だ。

決勝はおそらくガンバが圧勝するだろうと思う。

山形は負けてもJ1に昇格できれば御の字と考慮すればJ1昇格以外十分というところだ。

いやこのままACLを戦う事になったら大変だ。

果たして決勝は予定通りガンバ大阪が優勝するのか?

注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。