18日サッカー国際親善試合日本対オーストラリア戦がヤンマースタジアム長居で行われ、

2対1で日本がMF今野、FW岡崎のゴールで勝利し、

今年最後のゲームを白星で飾ってアジア杯に挑む事になった。

試合は前半はオーストラリアの速いプレスに苦しみ

再三ピンチを迎えたがDF陣が冷静に対応した。

攻撃ではFW本田が絶妙なパスで香川にチャンスを迎えたが

決め切れず前半は押され気味のまま0対0で折り返した。

後半日本は遠藤に変えてMF今野を投入すると流れは変わり出し、

後半12分にはMF乾を投入すると流れは完全に日本となり、

後半16分MF今野のヘッドで先制すると、

後半23分にはFW岡崎がゴールを決めてリードを広げた。

しかし狩猟間際にオーストラリアはMFケーヒルがゴールを決めて

2対1で終了しアジア杯での激闘が予想される終わり方だった。

これで日本代表は6試合を3勝1分2敗で終わり新戦力の発掘は

わずかに終わったもののアギーレ色をこれからアジア杯で出していく事になる予感を感じた。
オーストラリアはアジア杯で最大のライバルになる相手なので

ここで負けているようだとアジア杯は取れない。

それ以上に前半だけならオーストラリアの激しいプレスに

システムを変更して対応させた。

これはザックジャパンではなかっただけに

その点では相手に応じてシステムを変幻自在に変えて行く事をこの試合では見せてくれた。

どうしても4−1−2−3だとアンカーの両脇を突かれ易いから

本来アンカーは3バックのリベロと兼務のポジションではあるので

その点では相手が底をついてきたところでシステムを変更させたのは

柔軟性を持たせる事で臨機応変に対応できるようにしようとしている。

元々このメンバーは阿吽の呼吸ができるほど

知り尽くしているメンバー中心なのでサイドバックも内田、長友が不在でも

高徳が急成長しているのでどちらかが不在でも十分戦えるだけのメンバーは

サイドバックでも揃えられるようになった。

アギーレのサイドバックは内田、長友にそれに続くのは

太田、松原、西という感じだ。

対してセンターバックは現時点で吉田、森重のコンビで行く事は間違いない。

やはりアンカーは森重よりも長谷部が務めた方がバランスが取れるし、安心感がある。

2人のMFについては香川、遠藤でほぼ当確、

それに柴崎、田口が控える形だ。残念ながら田中順也、細貝は落選というところだ。

FWは現時点で武藤、岡崎、本田で決まったと言える。

控えも乾が予想以上に良い状態となって代表に戻ってきた事で

かなり切り札として期待できるし、豊田もそれだけの期待に応える動きを見せた。

今回選ばれたメンバーを見る限り

当確

GK

川島 西川

DF

内田、吉田、森重、高徳、太田

MF

長谷部、遠藤、香川、柴崎、田口

FW

本田、岡崎、武藤、乾、豊田

以上18人は間違いない。

残り5人はGKが東口か権田だが権田の故障が長引けば東口が選ばれるだろう。

DFはCBに塩谷、右サイドバックに西か松原になるだろう。

MFは今野がCBの控えを兼ねて選ばれるだろう。

問題は残り1枠になる。

この23枠目がサプライズ枠になる可能性が秘めているという事だ。

これまで数多くのサプライズ招集があっただけに誰が選ばれるかはこの1枠になるだろうね。

試合に応じてシステムを変幻時代に変えて行くのがアギーレ流と捉えれば良い。

それだけ柔軟な対応が今の代表には必要だという事だ。

次はいよいよ来年のアジア杯となるけれど、

海外組が全員揃えば十分アジア杯は制する事はできると思う。

もちろんオーストラリア、韓国と強敵も多いだけに

その相手にどれだけの戦いを繰り広げられるか?

来年のアジア杯開幕までしばらく代表戦はお休みとしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




2015カレンダー サッカー日本代表
INC. +JFAライセンスマーク c 2009JFAc J. LEAGUE PHOTOS
エンスカイ
2014-11-05