14日日米野球2014侍ジャパン対MLBオールスターズ戦が東京ドームで行われ、

8対4で日本が岩隈投手、和田投手を攻略して

大量得点で勝利し24年ぶりの勝ち越しへ大きく前進した。

試合は日本先発金子投手、MLB先発岩隈投手の投げ合いで始まり、

2回に日本が2死満塁から1番柳田選手の走者一掃のタイムリー3ベースで

3点を先制するが、その裏MLBは5番モーノーの2ランで1点差に迫り、

3回に同点に追いつかれた。

しかし日本は4回に9番伊藤捕手、2番菊地選手のタイムリーでリードを広げると、

6回8回と追加点を上げて日本が最後までMLBの反撃を許さずに逃げ切った。

これで侍ジャパンは24年ぶりの勝ち越しへ向けてあと1勝とした。

過去に日本時代に対戦している岩隈投手、和田投手だった事もあるのかもしれないけれど、

それでもこれだけ打線が繋がり打ち込めた事は大きかったし、

日本は打線と走力で崩す展開が持ち味なので

こういう勝ち方ができると一発が多い大味なMLBオールスターの打線も

要所要所で抑えればそれほど大量得点にならない。

昔は相手の打者にビビったものだけれど、

今は国際試合を経験した事で堂々と攻めている。

もちろん甘いボールは確り打ち返されるだけに

その辺はさすがMLBのトップ選手達だ。

とはいえこれで日本は勝ち越しにあと1勝となった。

このままMLBが黙っている訳はないと思うので3戦以降簡単にはいかないだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。