11月1日公開の映画「クローバー」を鑑賞した。

この映画は稚野鳥子原作の漫画を映画化した作品で、

ドジで恋愛経験のない女性が会社のドSの上司と付き合う事になる恋愛ストーリーである。

厳しい上司が突然付き合ってほしいと言われた女性は

果たしてどういうリアクションをすればよいのだろうか?
会社に勤めれば必ずと言って良いほど嫌な上司や厳しい上司がいるものだ。

最近の私も厳しい面を出していて酒が拙くなるほどなのだが、

確かに女性にとってそういう人から突然付き合ってほしいと言われたら???

という事になるだろうね。

それでも付き合う事にした女性が出す最終的な結論とは

一体どんなものなのだろうか?レビューしていきたい。

キャスト

鈴木沙耶演じる武井咲

柘植暁演じる大倉忠義

樋野ハルキ演じる永山絢斗

筒井栞演じる夏菜

筒井義道演じる上地雄輔

谷上一葉演じる木南晴夏

松沢里李香演じる水沢エレナ

松下課長演じる西村雅彦

如月桜子演じる光浦靖子

合田光成演じる村上健志

柏原るみ演じる今野杏南

上田かおる演じる内藤理沙

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

ホテル勤務のOL・鈴木沙耶は、いつもミスをしてはドSの上司・柘植暁に怒られてばかり。

しかしある日、柘植に呼び出されて交際を申し込まれる。

柘植の申し出に戸惑いながらも、沙耶はだんだんと彼に惹かれていく。

しかしあまり連絡をくれない柘植と沙耶はすれ違いばかり。

ある日、初恋相手のハルキに再会した沙耶は、

柘植の相談などでハルキとよく会うようになる。

さらに、柘植が社長令嬢の栞と婚約したという噂が社内に広がり…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして鈴木沙耶は何時もミスが多くて怒られている。

その上司が優秀な上司柘植暁だった。

とにかく何時も沙耶は暁に注意ばかりされていた。

そんな沙耶がある日のイベント後に暁から

まさかの付き合ってほしいという言葉に理解に苦しむ。

何時も怒っている暁がどうして私と付き合ってほしいと言うのだろうか?という状況だった。

普通何時も厳しい上司に怒られていたらいい気分は誰もしないし、

逆に顔すら見たくないものだ。

多分私も時として社員に怒っている事があるので、

沙耶のように思われているとは思うんだけれど、

それを割り切っていなければ職場では仕事にならないからね。

そんな沙耶だったが暁と付き合う事にした。

ただどうしても真面目な暁との交際はどう接して良いのか悩みながらの交際が続く。

まあ普段から厳しい姿勢しか見せない訳で確かに

どう付き合って良いのかという部分はありますよね。

そんな沙耶だったが、次第に暁に惹かれていく自分が抑えられなくなっていく。

そんな時に現れたのが初恋の相手であったハルキだった。

ハルキは現在芸能界で俳優として人気ある俳優となっていた。

そんなハルキとの再会で沙耶は暁への気持ちはあれど、

暁がそっけない態度に困惑し続けていた。

暁はただ単に真面目で上手く接する事ができないんですよね。

言ってしまえば面白くない人というところですが、

面白い事を言えないという部分は解る気がします。

私も普段は面白い事は言えない人ですので

そういう人ってどう笑わせて良いのかわからないんですよね・・・

そんな暁にホテルの社長令嬢が急接近してきた。

しかし暁はあくまで従業員として接するが、

専務が是非結婚してほしいと言われるが、暁は沙耶がいる事でこの申し出を断る。

しかしその中で沙耶は暁を誤解してしまう訳だが、

沙耶と暁は途中で遠距離恋愛の期間があり、

その間に色々と沙耶は暁について考えてしまう。

それ故にハルキに相談したのだが、

その相談した事によりハルキは週刊誌で沙耶と交際と誤解された報道がなされる。

そして暁もまた社長令嬢の栞と一緒にいたところを沙耶に見られてしまう。

そんな2人は本当に結ばれるだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、暁は面白くない真面目な人ゆえに

沙耶がどう接して良いものなのかという部分が描かれて行った訳だけれど、

暁も正直なところ面白い事を言いたいのだと思うけれど、

そういう事が言えない人なだけなんですよね。

その部分さえ受け止められれば浮気をするような人ではないだけに

沙耶も気をもむ事は無いと思うんだけれど、

ただ沙耶にとっては面白い事を言われたいと思っていると思うし、

やはり楽しさ=面白さというのはあると思います。

真面目な感じの人って女性にとってはある意味接しづらいとは思いますしね。

総評として色々と紆余曲折があったけれど、最終的には沙耶と暁は結ばれる事になる。

その結末は自らの・・・を賭けている訳だけれど、

そこまで賭けられたらさすがに沙耶も気持ちを受け止められると思います。

女性にとって面白味のない暁だと思いますけれど、

そんな人とそれなりに付き合っていければ

必ずその良さが解っていけるのではないかと思わせてくれる作品なのだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。