2日大河ドラマ「軍師官兵衛」第44話を視聴した。

今回は秀次を一族全員を処刑するという沙汰に出た秀吉だったが、

自身の老いには勝てず自らの死期を悟るようになる。

その中で秀吉は再び官兵衛を自らの配下に打診する。

官兵衛はその打診を引き受けて再び秀吉の軍師になるが、

これにより多少の誤解を生んでしまったが、官兵衛は意に返さない。

そんな中で秀吉は再び朝鮮出兵を行う事を決める。

この戦に大義は殆どなかったが、

官兵衛は秀吉に朝鮮出兵を直訴して朝鮮出兵では最小限の活動に止めるように命じた。

そんな中小早川隆景が急死し、

実力者が1人亡くなる中で官兵衛は再び挑戦へと渡ったが

そこでは思わぬ事態が待っていたシーンがメインだった。
今回は秀次を排除した秀吉だったが、

既に自らの命が尽きる不安から再び官兵衛を軍師として仕えさせる。

官兵衛も秀次の処刑を止められなかった責任を感じていた。

そんな中で再び隠居してから使える事になった官兵衛だったが、

官兵衛は良からぬ噂も意に返さない態度で接した。

まあそんな事を言い出したら切りがありませんからね。

そんな中で秀吉は再び朝鮮出兵を敢行する。

この戦は単なる秀吉の面子だけのものだったが、

これを従わない訳にはいかず官兵衛自ら朝鮮へと出兵し、戦火を広げない策に徹する。

そんな中で小早川隆景は死去し、

5大老の位置づけが変わった事も秀吉政権のその後を揺るがす事態となるが、

それ以上に官兵衛には思わぬ事態が待ち構えていた。

次回は官兵衛は次男熊之助を失う悲しみに暮れるが、

それに暮れる間もなく官兵衛は秀吉の死に直面する。

果たして秀吉の死で再び混乱が訪れる時官兵衛はどう動くのだろうか?

その行動に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




軍師官兵衛 完全版 第弐集 [Blu-ray]
岡田准一
ポニーキャニオン
2014-11-28






軍師官兵衛 完全版 第壱集 [Blu-ray]
岡田准一
ポニーキャニオン
2014-08-29