22日ドラマ「きょうは会社休みます。」第2話を視聴した。

今回は悠斗と一晩を共にしてしまった花笑は初めて会社を休んでしまった。

出社しても悠斗が気になる花笑はあのキスをされた瞬間を忘れられず

どう対処して良いのかわからない。

そんな姿を朝尾に見られて言い寄られる。

朝尾の会社と懇親パーティーを開く事となりパーティーに出席しても花笑は浮いていた。

そんな中悠斗に食事に誘われ食事を食べに行くが、

悠斗がお金を忘れてしまい花笑が払う事になる。

しかし花笑はこの事がキッカケに悠斗を疑うが、

花笑は2回目の食事で悠斗が支払った事でその疑いは消える。

そんな花笑は悠斗とメール交換した事で頻繁に連絡を取るようになり、気が気でない。

悠斗の返事をもらう事でますますこじらせ度がアップして行く花笑は

次第に徹夜するほど悠斗を気にしてしまい、

悠斗じゃないのに追いかけてしまうほどだった。

そして悠斗が試験で会社にいない間に頭を冷やすが、

朝尾に怖がっていたら恋はできないとハッパを掛けられ、

花笑は悠斗と付き合う返事をしたシーンがメインだった。
ストーリー

30歳の誕生日の夜、勢いで職場の大学生アルバイト田之倉と

一夜を共にしてしまった花笑。

気まずさから田之倉を避け、挙動不審になる花笑だったが、

田之倉はそんな花笑に「付き合ってくれ」と告白、キスを迫る。

一方、花笑と田之倉の関係に気付き、

花笑の動揺ぶりを面白がる上の階のイケメンCEO朝尾は、

「本気になって痛い目に遭わないように」と忠告。

田之倉への返答を「保留」と答えつつ連絡先を交換してしまった花笑は、

メールの細かいやり取りにいちいち戸惑い、ドギマギしてしまう。

どうして田之倉が自分のことを好きというのかさっぱりわからないながらも、

いつ震えるかわからない携帯が気になって仕方がない。

そんな折、朝尾と親交を深めたい瞳の提案で、

朝尾の会社・サフィラストレーディングと帝江物産の懇親パーティーが開かれる。

サフィラストレーディングのイケてる空気に圧倒される帝江物産のメンバーだったが、

いつの間にか仕事の話も盛り上がりパーティーはいい雰囲気に。

そんな中、一人パーティーの空気に馴染めず浮いている花笑のもとに

田之倉からラーメンを食べに行こうという誘いが。

一緒にラーメンを食べ、思わぬ楽しい時間を過ごす花笑だったが、

財布を忘れたという田之倉に「お金目当てで近づいているのでは?」という疑念が生まれる。

田之倉への疑惑が消えない中、親友の一華の後押しで再び田之倉とデートに行く花笑。

しかし、田之倉とやたら親しげに話す女子・ひろ乃が現れて……。

さらに田之倉からはメールの返信が返ってこなくなった上、

ひろ乃と田之倉が2人で歩いているのを見かけてしまい……。

花笑のこじらせ度はさらに加速して行く!

以上日テレきょうは会社休みます。HPより


今回は花笑が悠斗と一夜を共にし、そしてキスまでされてしまい、

その姿を朝尾に目撃された事で花笑はどうして良いのかわからないまま

悠斗と食事をすることになった。

最初の食事はラーメンという女性とのデートでは

最初からラーメンはある意味珍しいものだけれど、

こういう女性の方がハードルが高くないというのはあるのかもしれない。

そんな中で花笑は悠斗が財布を忘れた事で不信感を抱く。

元々学生なので最初からお金を持っているほど生活に余裕がある訳じゃないと思うし、

年齢的にも花笑が全て払っても不思議じゃないシーンだ。

私が花笑の立場だったら間違いなく全て持ちますね。それ位しないとさすがにね・・・

そんな中で花笑のこじらせ度がアップしていく。

これも花笑に恋愛経験がないからでもあるんだけれど、

だからと言って恋愛映画を数多く見ればパターンが解りそうなものだけれど、

どうやらそうではないようだ。

そんな中で花笑と悠斗はメールアドレスを交換してやり取りが始まった訳だけれど、

悠斗から頻繁にメールが来るようになり花笑は気が気じゃなくなる。

まあ無理もないけれど、こういう事に慣れていないと困惑するものだ。

そんな中で花笑は次第に悠斗を気になりだすも、

そこに悠斗と同じ年齢の女性ひろ乃が登場する。

一体ひろ乃がどんな関係なのかわからずますますこじらせ度がアップし、

ついには悠斗じゃないのに悠斗と見間違うほどまで妄想し、

さらには花笑は徹夜してしまうほど悠斗の事が気になりだす。

そんな中で悠斗が試験で会社を休んでいた中で落ち着きを取り戻そうとするも、

今度は朝尾から恋から逃げていると言われて、

花笑はその言葉がキッカケで悠斗と付き合う事を決意するのだった。

次回はそんな9歳年下の悠斗と付き合う事にした花笑だったが、

そこに朝尾が突っ込んでくる。

果たして花笑はこの状況をどう受け止めるのか?その対応に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。