20日パシフィックリーグクライマックスシリーズ14ファイナルステージ第6戦

福岡ソフトバンク対北海道日本ハム戦がヤフオクドームで行われ、

4対1で福岡ソフトバンクが競り勝ち3年ぶり15度目の日本シリーズ出場を決めた。

試合は福岡先発大隣投手、北海道先発上本投手の投げ合いで始まり、

無得点で迎えた4回福岡が3番内川選手のタイムリーで先制すると、

7番吉村選手のタイムリーで追加点を上げる。

5回には9番細川捕手のホームランで引き離し、8回に4番李大浩のタイムリーでダメ押しした。

北海道も9回に1点を返したが、

最後は抑えのサファテが抑え福岡が3年ぶりの日本シリーズ出場を果たした。

これで福岡は秋山監督最後の戦いで日本一を目指す。
日本シリーズ史上両リーグで1位チームが出場できないピンチを回避したけれど、

福岡も最後の最後まで厳しい試合を乗り切り、

見事に日本シリーズの切符を手にした。

3割打者5人を擁し、先発陣こそ不調だったものの、

その分リリーフ陣が踏ん張った事で終盤での強さを発揮した。

広い球場なのでホームランよりつなぐ野球に徹した事もこの結果になったと言えるし、

後ろが強かった事で終盤で試合を拾えた。

今の野球は後ろが強力なほど先発陣が多少悪くても

6回まで投げれば勝てるという状況でもあったけれど、

秋山監督最後のシーズンになった事で選手達も燃えている。

もちろんこのまま日本一になって終わる事ができれば最高だろうが、

過去勇退する監督が日本シリーズで優勝した事例がないだけに

初の監督を目指す事になる。

福岡ソフトバンクおめでとう!

日本シリーズでは11年ぶりの対決となる阪神との激戦注目しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。