20日ドラマ「信長協奏曲」第2話を視聴した。

今回はサブローは信長として装う。

しかし今度は斉藤道三と会見する事となりさすがにサブローも怖気づく。

しかしサブローは覚悟を決めて学生服で道三と会見するが、

その道三もまさかの現代人だった事を知らされる。

しかし道三がタイムスリップしてきたのは約40年前とかなり時代が昔だ。

そんな中でサブローは道三との距離が接近するも、

道三は帰蝶を武田を嫁がせようとする。

それは信長が偽物と知ったからであったが、

そんな最中道三は義龍が謀反を起こしてその数で道三は圧倒的不利な状況で勝ち目はない。

そんな中でもサブローは道三の援軍に向かい、

それを知った道三はサブローに帰蝶を託す事を決断し、

サブローは道三の遺言で信長として生きて行く事を決意したシーンがメインだった。
ストーリー

戦国時代に迷い込んだサブローは、

織田信長に容姿がそっくりなことを理由に身代わりを頼まれてしまう。

折しも織田家は家督争いの真っ最中。

本物の戦、醜い争いに辟易しながらも、サブローは織田家当主地位を勝ち取った。

だが、信長の妻、帰蝶は美人だが、どうにも気が強く、なかなかサブローに打ち解けようとしない。

そんな時、帰蝶の父、斉藤道三が会見を申し込んでくる。

美濃の蝮と恐れられる道三の申し込みに、

サブローは逃げ回るが池田恒興らに捕まってしまった。

最後の頼みと帰蝶に同行を頼むサブローだが、潔く斬られてこいと言われる始末。

だが、帰蝶は道三に会いたくない理由も…。

その頃、今川義元は、引き続き織田の内情を探るよう、伝次郎ら密偵に命じていた。

織田家をつぶしてはならないという家臣らの切なる願いで、

サブローは道三と会見。

しかし、衣装が気に入らないと道三に戦を仕掛けられた国があると聞いたサブローは、

自分なりの正装をしてみた。

それは、タイムスリップした時に着ていた学生服。

戦国時代としては何とも珍妙な服だ。

恒興たちの不安は尋常ではない。

ところが、サブローの姿を見た道三は、家臣たちを遠ざけ2人きりになると宣言。

待たされるサブローの前に、ようやく現れた道三は…。

以上フジテレビ信長協奏曲HPより


今回はサブローは信長を装いながらこの時代を生きていた。

しかしサブローにまたもピンチを迎えることになる。

それは道三と会見するという事だった。

マムシと言われた道三に会う事そのものが相当な覚悟が必要だったが、

サブローはここで学生服で道三と会見する。

誰もが道三の怒りを買うと思っていたが、道三は2人にしてくれと人払いをする。

そしてそこに現れたのは現代人の格好をした道三だった。

道三も40年前の警官をしていた中でタイムスリップしてきたというのだ。

そしてそこで道三として生きていたのだった。

それを知ったサブローはこの時代に現代人がいる事を知ったものの、

その道三も詳しい歴史までは知らなかった。

ただサブローより主要の人物を知っており密かに探していたのだった。

しかしサブローが信長でない事を知ると、

道三は信長に見切りをつけて武田に帰蝶を嫁がせようとする。

この時代の武田は最強の騎馬隊を率いていただけに1番安全な相手だと感じていた。

しかしそんな最中に義龍が謀反を起こし、

そこで道三は初めてサブローが落とした日本史を手にするが、

そこには道三の最後が書かれていた。

まあ信長の歴史を知る上では必要な出来事ですから

日本史に掲載されているのはある意味当然ですからね。

それを知り覚悟を決めた道三はサブローに帰蝶を託し、

自らは日本史の結末を破り、サブローに自ら道を切り開け!と遺言を残したのだった。

次回はサブローは今川義元と運命の決戦をする事になる。

果たしてサブローはこの敗色濃厚な戦にどうやって勝つのか?その戦いに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。