19日大河ドラマ「軍師官兵衛」第42話を視聴した。

今回は秀吉は朝鮮へ兵を出す事を決めた。

名護屋城を築城した官兵衛らは出陣の準備を整えていた。

しかし秀吉が到着する前に朝鮮出兵となり、

当初こそ手探りながらも漢城まで落城させるなど勢いに乗っていくも、

異国の地で次第に苦戦する事となる。

案の定苦戦している事を知った官兵衛は何としても兵を引き上げようと策を練るが、

ここに大政所が死去し、そんな中淀が懐妊した事により

秀吉も朝鮮との和議を承認し官兵衛に一任する。

官兵衛は何としても軍を安全に退却させるために秀吉が示した和議の書状を破棄し、

漢城を放棄し、釜山まで撤退する事で和議を結ぶ。

しかしこれに三成が秀吉に虚偽の報告をして

官兵衛は秀吉の怒りを買い窮地に陥るシーンがメインだった。
今回は秀吉の無謀な朝鮮出兵をする事になった官兵衛らは

名護屋城を築城後に即朝鮮へ出兵した。

ただ異国の地であり、情報も殆どない中で攻め入ったため

当初こそ朝鮮軍がこれだけの大軍で攻め入って来るとは思わず準備すらできずに敗走するが、

兵糧すら確保が困難な状況で16万に及ぶ兵を動かしていく事は容易ではなかった。

この戦に何の大義もないだけに士気が上がらないのもあるが、

如何せん中国や朝鮮から見れば日本は小国であり、

領土の大きさを考慮すれば簡単に攻め入って勝てるほど簡単なものではない。

ただ朝鮮もこれまでの歴史で大陸から攻められた経験は豊富なものの、

まさか日本から攻め入られる事は想定していなかっただろうし、

この時代海を大軍で渡る事は簡単な事でなかった時代に

16万の兵が進軍してい来るというのは想定外だっただろう。

しかし明が朝鮮へ援軍を差し向けてからは状況は変わり、

官兵衛の言う通り漢城で守備を固めて迎え撃った方が良かったのは間違いない。

しかし戦経験の浅い小西行長らは進軍して明に攻め入る事を主張し攻め入るが、

案の定返り討ちにあって異国で戦う難しさを知るのだった。

こうなるとどうやって朝鮮から兵を引くかが最大の懸案事項になる訳で、

官兵衛は大政所の死去、そして淀のご懐妊により和議を結ぶチャンスを得た。

このチャンスに官兵衛は秀吉が示した書状を破棄し、

確実に撤退する為に漢城を放棄し、

釜山まで退却している。

この決断が10数万に及ぶ兵を無事に退却させる事に成功させた要因でもあった。

しかし官兵衛に待っていたのは三成の虚偽の密告により秀吉の怒りを買い、

蟄居させられる仕打ちだった。

次回は蟄居を命じられた官兵衛は切腹を覚悟したが、

ここで思い切った決断に出る。果たして官兵衛の決断とは?

その決断に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




軍師官兵衛 完全版 第弐集 [Blu-ray]
岡田准一
ポニーキャニオン
2014-11-28






軍師官兵衛 完全版 第壱集 [Blu-ray]
岡田准一
ポニーキャニオン
2014-08-29