10月11日公開の映画「ふしぎな岬の物語」を鑑賞した。

この映画は岬が見えるカフェを営む女性が、

さまざまな人との触れ合いを通じてそれぞれの人生を見ていくストーリーである。

人生色々な出来事があるけれど、

全て良い事ばかりでなく人生の岐路に立った時どうして行くべきなのかを考えることになるだろう。

小さな港町で繰り広げられる小さなストーリーではあるけれど、

過疎化の中で温かい街の人たちに囲まれながら暮らすカフェの女性店主が

色々な人と触れ合う事で様々な人生を見て行くのがこのストーリーだ。

もちろん本人の事もあるけれど、

多くは他の人が関わって成立しているので色々な人たちの人生を見ながら

女性店主はその後どんな道を歩む決意をしていくのか?レビューしたい。

キャスト

柏木悦子演じる吉永小百合

柏木浩司演じる阿部寛

竜崎みどり演じる竹内結子

タニさん演じる笑福亭鶴瓶

竜崎徳三郎演じる笹野高史

柴本恵利演じる小池栄子

柴本孝夫演じる春風亭昇太

大沢克彦演じる 井浦新

行吉先生演じる吉幾三

ドロボー演じる 片岡亀蔵

鳴海演じる中原丈雄

雲海演じる 石橋蓮司

冨田演じる米倉斉加年

山本演じる近藤公園

中山健演じる矢野聖人

三平演じる矢柴俊博

佐藤演じる不破万作

消防団長演じるモロ師岡

高橋演じる嶋田久作

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

美しい海を望む岬村。時代に流される事なく、

人々の笑顔溢れるその岬の先端に佇む“岬カフェ”。

店主・柏木悦子の朝は、カフェの隣で“何でも屋”を営む甥の浩司と船で小島に出かけ、

湧き清水を汲むことから始まる。

常連客に囲まれた、ささやかな生活を、悦子は愛していた。

30年間という長い付き合いの中で、常連客のタニさんはひそかに悦子への想いを育んでいた。

地元の秋祭りの日には、漁を営む徳さんの娘・みどりが、数年ぶりに帰郷した。

素直になれない父娘にも、悦子はそっと寄り添った。

みんなで喜びを持ち寄り、悲しみを分かち合う。

そんな穏やかな日々がいつまでも続くことを願っていた岬村の人たちの人生に、

荒波が押し寄せる……。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして岬のカフェを営む店主の柏木悦子は色々なお客と触れ合いながら

何でも屋の甥の浩司に助けられながら営んでいた。

そこに訪れる客は色々な人生を背負いながら生きていた。

客の1人タニさんはこのカフェの常連客で何時も悦子の事を想っていた。

何か事あれば悦子に相談するようなたにさんは

そこで会社のリストラで大阪の会社に出向する事になり悩んでいた。

しかし生活するためには出向を受けるしかないという悩みを受けていた。

たにさんの場合は同じ会社に長年勤めた故に

今後転職するのが難しい状況だった。

まあ年齢を重ねての再就職ほど難しい事はありませんからね。

次のお客は何とドロボー!

人生の絶望してカフェに忍び入ったものの、このカフェには元々財産はなく、

売り上げもないほどだったので入り損だったが、

そんなドロボーに悦子は優しく接して人生やり直せると諭したのだった。

まあカフェに金目のものはないので逆に諭した当りは

悦子の人生経験が活きた部分だ。

次に妻を失った父娘だった。

2人はどういう訳かこのカフェに飾ってある絵がほしいと言ってくる。

悦子にとっては夫のが残した1枚の大切な絵だったが、

夫の未練を断つという事と、誰か必要とされるならという思いが

交錯して悦子は飾られていた岬の絵を譲ったのだった。

次は常連客である竜崎徳三郎とその娘で離婚して戻ってきた竜崎みどりだった。

長年音信不通で満足に話した事もないほどだったが、

みどりの離婚を契機に地元に逃げ戻ってきたのだった。

カフェの後を継ぐ人がいない悦子にとってみどりは

甥の浩司との再会で急接近した事で店をみどりに譲ろうと考え始める。

悦子にとっては不肖の甥である浩司のその後を気に掛けていただけに

悦子もカフェを継がせたいという考えになった。

そのキッカケが徳三郎の余命わずかのがんだった。

徳三郎にとってみどりの事が心配だったが、

それを託せるのはもう悦子しかないという事で

みどりを悦子に託して息を引き取ったのだった。

そんな最中悦子はたにさんとのお別れの日を迎え、

悦子は人知れず寂しさに駆られていた。

そしてそんな中でカフェが火災で炎上してしまうのだった。

果たして悦子はカフェを再開するのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

カフェの客の人生を巡っていくストーリーだった訳だけれど、

そんな中でも自らの今後の事を考えている悦子がいた。

確かに悦子が亡くなれば浩司の事も心配だし、店の事もある。

そのお店をどうするべきだったのかという事を悦子は模索していたが、

次々と常連客が亡くなったり、

去ってしまったりすると自ら1人残された気持ちにさせられるものだ。

そんな中でみどりが戻ってきて、

浩司と結ばれそうになる事で悦子も今後を任せられる人が

現れたという気持ちに最後はなっている。

総評として最後に残された時どう前を向いていくべきなのかという事を時として考えさせられる。

そんな中で残される浩司の事を想い、

その後浩司とみどりが結ばれた事で悦子もお店をみどりに託したいという気持ちに

させた事で最後はホッとしたと思う。

そして悦子自身もその後の人生を再び歩んでいくのだと感じさせてくれた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

虹の岬の喫茶店 (幻冬舎文庫)
森沢 明夫
幻冬舎
2013-11-14



映画 ふしぎな岬の物語 オリジナル・サウンドトラック
村治佳織
ユニバーサル ミュージック
2014-10-08



虹の岬の喫茶店
森沢 明夫
幻冬舎
2011-06