16日セントラルリーグクライマックスシリーズ14ファイナルステージ第2戦

巨人対阪神戦が東京ドームで行われ、

2対5で阪神が澤村投手の危険球退場のチャンスを活かして勝利し

巨人は対戦成績を1勝2敗として阪神に1勝リードを許す展開となった。

試合は巨人先発澤村投手、阪神先発磐田投手の投げ合いで始まり、

3回に阪神が2番上本選手、3番鳥谷選手のタイムリーで先制すると、

5回に澤村投手が2番上本選手の頭部に死球を与えてしまい

危険球退場処分で退場となると準備ができていなかった巨人は

急遽久保投手をマウンドへ送るも3番鳥谷選手、5番マートンにタイムリーを許して

5点リードを与えてしまった。

巨人も7回に7番井端選手の2ランで2点を返したが

最後は抑えの呉投手に抑えられ巨人は2戦連続落とす苦しい展開となった。

これで巨人は2年ぶりにポストシーズン2戦連続落とし、

阪神にリードを許す苦しい展開となった。
2年前の中日とのファイナルステージでは3連敗後3連勝でシリーズ出場を決めたが、

今の阪神は抑えが確りしているだけに簡単にリードを許すと逆転する事が非常に困難だ。

故に先発投手が序盤から失点を許すと逆転する事が困難な状況ではある。

特に3戦はメッセンジャー、4戦は能見投手が出てくる事を踏まえると

最低でも1勝しておかなければならなかった。

果たして巨人はここで踏ん張る事ができるのだろうか?3戦目に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。