15日セントラルリーグクライマックスシリーズ14ファイナルステージ第1戦

巨人対阪神戦が東京ドームで行われ、

1対4で阪神が初回に先発内海投手から攻略した3点を守り切り1勝1敗のタイとして振り出しに戻した。

試合は巨人先発内海投手、阪神先発藤波投手の投げ合いで始まり、

初回に阪神が3番鳥谷選手のタイムリー2ベースで先制すると、

4番ゴメスの2ランで追加点を上げて初回で3点リードを奪う。

3回にも阪神は4番ゴメスのタイムリーで追加点を上げてリードを広げると、

先発藤波投手が6回まで無失点に抑える。

巨人も7回に4番阿部捕手のホームランで反撃に出て

無死満塁の最大のチャンスまで持ち込んだが、

代打セベタが併殺打、代打井端選手が打ち取られて最大のチャンスを逃し試合は決まった。

阪神は最後に抑えの呉投手が抑え阪神が1勝1敗のタイに持ち込んだ。

これで巨人は初戦でアドバンテージをあっさり失い苦しいスタートを切った。
クライマックスシリーズ初の巨人阪神戦という事で白熱した試合にはなったけれど、

試合そのものは初回で決まってしまった。

今の阪神は投手陣が絶好調という事もあり初回の3点はあまりにも重いものになった。

さすがに4番ゴメスにホームランを打たれたのが1番痛かった訳で

復調していた内海投手にとって痛手のシーンだった。

打線も藤波投手に6回まで完璧に抑えられてしまったら

7回以降は勝ちパターンを持っている阪神相手では簡単には4点は返せない。

ただ終盤にある程度の反撃を見せれた事で2戦目の戦いに繋げられた事が唯一の救いだ。

2戦目でどちらが先に2勝目を獲るだろうか?注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。