11日パシフィックリーグクライマックスシリーズ14ファーストステージ第1戦

オリックス対北海道日本ハム戦が京セラドームで行われ、

3対6で北海道日本ハムが終盤の接戦を制して逆転勝ちして

ファイナルステージ進出に大きく前進した。

試合はオリックス先発金子投手、北海道先発大谷投手の投げ合いで始まり、

2回にオリックスが大谷投手の連続四死球で2点を先制する。

しかし北海道も5回に9番大野捕手のタイムリーで1点を返すと6回に6番近藤選手、

7番ミランダの連続タイムリーで逆転に成功したが、

その裏オリックスも6番川端選手のタイムリーで同点に追いついたが、

その後逆転できず迎えた7回北海道は

1死1,3塁2番中島選手のスクイズで勝ち越しに成功し、

8回にも2点を追加した北海道がこのまま逃げ切り北海道が先勝した。

これで北海道はファイナルステージ進出へ大きく前進した。
オリックスにとってはファイナルステージに進出した事が無いだけに

北海道のように日本シリーズを戦った経験者の多いチームとの差が初戦で出てしまった格好だ。

それでも大谷投手が乱調したように短期決戦の難しさを痛感するシーンもあっただけに

北海道も選手が入れ替わった事でまだオリックスにもチャンスがあるという事でもある。

とはいえこれで北海道が大きく有利になったのは確かで

このまま北海道が2連勝で決めるのか?

それともオリックスが粘るのか2戦目に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。