11日セントラルリーグクライマックスシリーズ14ファーストステージ第1戦

阪神対広島戦が阪神甲子園球場で行われ、

1対0で阪神が福留選手のホームランを守り切りファイナルステージ進出に王手を掛けた。

試合は阪神先発メッセンジャー、広島先発前田投手の投げ合いで始まり、

5回まで両投手とも譲らず0行進で進んだ6回阪神が

6番福留選手のホームランで阪神が待望の先取点を上げる。

広島も反撃を試みようとしたが阪神先発メッセンジャーを捉えきれず、

最後は抑えの呉に抑えられ阪神が初のファイナルステージ進出に大きな1勝を手にした。

これで阪神は初のファイナルステージ進出に雨の恵みも含め有利な展開となった。
いよいよ今年もクライマックスシリーズが始まったけれど、

昨年と同じカードからスタートという事で阪神も2年連続敗退する訳には

いかないという事で必勝を期してメッセンジャーを投入してきた。

そのメッセンジャーが見事に広島打線につけ入る隙を与えなかった。

阪神もエース前田投手に抑え込まれたが

福留選手のホームランで奪った1点を最後まで守り抜いた。

これでホームのアドバンテージがある阪神が圧倒的に有利となった訳だけれど、

明日以降雨天中止が2試合続いた場合規定により

阪神の1勝で勝ち抜けが決まるという広島には痛恨の1敗となっただけに

果たして天候は1日だけで終わるのか?

それとも・・・天に運を任せることとなった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。