9月26日公開の映画「劇場版 零〜ゼロ〜」を鑑賞した。

この映画はホラーゲーム「零〜zero〜」を元にして制作されたホラー作品で、

あるキリスト教の全寮制の女子高校で謎の失踪事件が起き、

その事件はかつてこの女子高校で行われていた

儀式と悲劇の事件に繋がって行くストーリーである。

この失踪殺人事件を追った先にみる結末は

あまりにも悲しい出来事による事件だった。

ホラー作品といっても事実上サスペンスの要素がなければ

ホラー作品として成立しない訳なんだけれど、

この事件を追っていく事によりどうしてこの事件が起きて、

そして成仏できない霊となって彷徨う事になったのかを知っていく事になる。

そんな中でこの事件が偶然による偶然が重なっていく事に辿り着く。

果たして事件の真相とは何だったのか?

キャスト

アヤ演じる中条あやみ

ミチ演じる森川葵

カスミ演じる山谷花純

リサ演じる小島藤子

イツキ演じる美山加恋

ワカ演じる萩原みのり

崇演じる浅香航太

真由美演じる中村ゆり

メリーさん演じる中越典子

学園長演じる美保純

他多数のキャストでストーリ−が進行する。

ストーリー

アヤは山間部の町にある、ミッション系女子高校の学生寮で生活していた。

ある日、彼女はまるで自分の死を予告するような鮮やかなビジョンを見て以来、

部屋に引きこもるようになる。

それと同時にあちこちで少女の幽霊が現れるようになり、

目撃者たちが次々と姿を消す中、寮住まいのミチも、自分の目前で親友を見失い……。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとしてこの女学校では昔からある言い伝えがあり、

ある少女の幽霊が現れ、その少女はかつて少女同士が恋に落ちて、

それが叶わずに湖に心中した霊だというものらしい。

そんな言い伝えが都市伝説のように受け継がれていた。

そんな中歌声で魅了するアヤが突然部屋にこもってから少女が失踪する事件が続く。

その少女たちはある写真を見た事により真夜中ある場所に導かれるように行くらしい。

そんな中アヤを慕うミチとカスミは同じようにアヤそっくりの幽霊を見るようになってから

不思議な夢を見るようになった。

その夢はアヤそっくりの女性が私の呪いを解いてという言葉だった。

それが丁度午前0時になったところでアヤそっくりの少女の写真にキスすると

その呪いに掛かってしまうらしい。

そんな中でカスミが失踪し、

それと同時にこれまで失踪した少女たちが遺体として発見された。

5人の少女が失踪して亡くなる事件は世間でも大きく報じられ女子高校は混乱する。

そんな中ミチは部屋にこもっていたアヤが突然出てきて、

アヤそっくりの幽霊はアヤではないと語る。

そんな中アヤそっくりの写真を撮影した少年と出会い、

その少年からこの高校についての事を良く知る人物を紹介される。

それが少年の母親であるコスプレファッションで身を包むメリーさんと呼ばれる人だった。

メリーさんはこの女子高校で起こった事件は

かつて両親が写真館で女同士の恋愛で叶わない故に

その記念に写真を撮る事がこの写真館でやっていたという事だ。

その多くは恋愛が叶わず自ら命を絶ったという事らしいが、

その中で命を絶てずに苦しんだものもいたという事だ。

その事情を知ったアヤとミチはこの呪いを解けるのは

私たちしかいないと危険を承知でミチはアヤそっくりの幽霊の呪いに掛かる事にした。

そしてミチは呪いに掛かり、アヤはそれを追った先には

衝撃的な事実が待ち受けていた。

果たしてこの幽霊の正体は?

そしてこの事件の結末は?

結末は劇場で観てほしいけれど、

この事件がいかに偶然が偶然を呼んでいるのかは

結末まで辿り着くとわかるんだけれど、

まずこの事件はレビューの中で語られている死に切れなかった人物による犯行が発端だった。

その人物は誰なのかはここでは語らないものの、

確かに死に切れなかったという現実を重く受け止めて生きてきたとはいえ、

それを誰かの犠牲で解決しようとしたのはやはり罪に罪を重ねたに過ぎない。

そしてこの事件でさらに悲劇なのはこれとは別にもう1つ事件が起きてしまった事だ。

もう1つの事件はこの霊による事件で

そのままある人物が呪いに掛かってしまった少女を誤って殺してしまったのが

全てであるんだけれど、それを隠ぺいしようとしたもう1人の人物が

その後の犯行を行っていたというまさにこの事件には犯人が複数人いる事件なのである。

それらの人物はどの人も最初から犯行をやろうと思ってやったわけではない。

しかしどの人物も重ねなくてもよかった罪を自ら重ねてしまった事で

後戻りできなくなったという事実は、

その連鎖をアヤとミチが止めなければこの事件は続いていたのかもしれない。

総評としてホラーというよりもサスペンスとして見た方が

この事件がいかに偶然が偶然を呼んだ事件だという事を知っていく訳だけれど、

それが摩訶不思議な事件として捉えられるのがこの事件の特長ではある。

複数の犯人との接点はあっても、

それらが実際に犯行を行っているとは互いに知らないという事が事件を複雑化させた。

誰にでも過ちや間違いはある。

しかしその過ちを積み重ねては

その過ちは止められなくなるという事をこの事件から感じるのだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。