23日Jリーグ14第21節が行われ、

アルビレックス新潟はホームデンカビックスワンで18位徳島ヴォルティスと対戦し

1対2で前半早々に先制ゴールを許すもMF成岡のゴールで同点に追いついたが、

成岡が負傷退場するとゴールが遠くなって勝ち越しゴールを許して徳島に痛恨の敗戦を屈して

7勝7敗7分勝ち点28得失点差−1で11位に後退した。

絶対に勝利しなければならない試合で新潟は

痛恨の敗戦を屈して次節出場停止や負傷者などで

主力3人抜きの戦いを強いられる事になった。

天皇杯の敗戦のショックが抜け切らない中で戦った訳だけれど

この試合勝てない試合ではなかったのは間違いない。

どんなに悪いサッカーをしても最低限の結果を残せる可能性はある訳であり、

この試合では先発で使うべき選手を使わなかった事が

最終的には敗因となったと感じざる得ない。

本当にこのチームがゴールを奪うにはどうしたら良いのかを考えて行きたい。

試合前にはNegicooが守田のチャントも歌ってくれたのでそちらの写真も付けたいと思います。

alb2014.08.23(1)


alb2014.08.23(2)


alb2014.08.23(3)


alb2014.08.23(4)


alb2014.08.23(5)


alb2014.08.23(6)


alb2014.08.23(7)


alb2014.08.23(8)


alb2014.08.23(10)


アルビレックス新潟のフォーメーションは4−2−2−2

GK守田

DF

右SB松原 CB舞行龍 CB大井 左SB和成

MF

ボランチ レオ 小林

右SH山本 左SH亜土夢

FW 成岡 岡本

天皇杯のメンバーと数人入れ替えただけでスタートした。

alb2014.08.23(9)


alb2014.08.23(11)


alb2014.08.23(12)


alb2014.08.23(13)


試合は開始早々から徳島にCKのチャンスを与えてしまい、

前半5分にFW高崎のゴールで先制を許す苦しい展開・・・

今季新潟は先制を許した試合では3分6敗だけに

この重みはかなり大きい先制点となってしまった。

それでも開始早々だった事もあり新潟は次第に展開できるようになり

前半24分MF成岡のゴールで同点に追いついた。

しかしその直後新潟にアクシデントが襲う。

MF成岡が足を痛めて負傷交代するというアクシデントだった。

これにより得点力を失った新潟はゴールを目指すも

全くFWに収まらず逆に徳島は前半38分に

FW高崎にこの試合2ゴール目を決められ前半は1点リードされて折り返した。

後半新潟はFW岡本に代えてもFW指宿を投入する。

これにより新潟は次第にボールが収まるようになったが

守備を固めてきた徳島ゴールをなかなか敗れない。

少なくても徳島は引いてきた事でボールを保持できるシーンが増えた。

それによりFWでポストプレーもできるようになり、

少なくても後半の方が攻撃面は良かった部分はあったが、

如何せんこれがリードされてしまった状況ではなかなかゴールを破る事ができず、

何度も惜しいチャンスも活かし切れずに新潟は昨年に続きまたも

最下位のチームにホームで勝ち点3を献上する失態を起こしてしまったのだった。

alb2014.08.23(15)


まず一言言ってしまえば何のために選手を獲ったのか?という事だ。

少なくても今新潟は深刻な決定力不足の中にあり、

今いる選手では打開できないからこそ指宿、ラファエルらを獲得した。

既に岡本、武蔵については再開後だけで

7試合も起用してこの結果なのだから

これ以上起用するよりも一度ベンチに下げて指宿らを起用した方が

打開できると感じる人は多いだろう。

私も実際にこれだけ得点だけでなく展開の出来ない

FWを使い続けるよりも出場可能なら最初から先発起用した方が

よっぽど見る側も納得できる。

少なくても岡本については結果が全く出ていない訳で、

これ以上先発で起用するのはさすがに酷だし、

昨年ゴールを決めたシーンの多くは途中出場なので

途中出場の方が得点を狙えるポジションの位置取りができているが、

先発になるとそのポジション以外は完全に消えている状況だ。

そう考えれば1度スタメンを外して良いと思う。

少なくても今岡本を起用するよりも指宿を使ってほしい

というのは誰にでも感じる事だと思う。

得点を取れない理由とすればFWにボールをキープできる選手がいないという事と

攻撃パターンがハッキリしない事がある。

何でもそうだけれどポゼッション率を上げたとしても

そこで決められる選手がいなければ何もならない。

明確にサイドからのクロス、中央からのミドルシュート、誰に合わせるか?

という明確な意図があるパスが必要だ。

今の現状だと誰に合わせて行くのか?という部分がないし、

MF、DFも出しどころに困っている状況が続いている。

2年前もボールの出しどころに困ったミシェウを見てきただけに

MF、DFが誰に出したらよいのかという迷いがある故に

私たちが見ているとそのもどかしさを感じてしまう部分である。

それもFWでキープ力ある選手が起用されれば

解消は十分可能なだけに私としては指宿を次から先発に起用して

ポストプレーが増えるようになれば十分機能できると思う。

そこに達也、ラファエルが絡んで行けば十分解消できるのではないかと思う。

まずシュートを打つ意識を持つ事と明確な攻撃パターンが必要だ。

次節はレオ、大井が出場停止で出れず、成岡も怪我次第では欠場だ。

3選手の代わりにはジュフン、小泉、指宿らが

出場する事になるだろうけれど出場する選手たちにとってはチャンスであり、

チーム力を上げる事になる。

このピンチをチャンスに変える位の活躍をしてほしいし、

このピンチを乗り越えてほしい。

alb2014.08.23(14)


alb2014.08.23(16)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。