12日サッカーJ1アルビレックス新潟は

MF本間勲選手のJ2栃木SCへの期限付き移籍を発表した。

本間選手は2000年当時J2の新潟に加入して

1年目から数多くの試合に出場する活躍をして

J1昇格後の2005年からレギュラーとして主将を務めるなど

長きに渡り新潟一筋で活躍してきた。

しかし2013シーズンからレギュラーから外れると

出場機会は限られ、今季はここまでリーグ戦出場なしだった。

これでアルビレックス新潟はミスターアルビレックスの移籍で

新戦力台頭を促していく事になった。
サッカーで10年以上同じチームでプレーし続ける選手は限られる。

特に本間選手の場合プロ入りから15年間新潟一筋でプレーし、

新潟の全てを知る選手として苦しい時も嬉しかった時も知っている唯一の選手だった。

まだできる段階でレギュラーを外れただけにこのまま終わるよりは

一度他のチームでプレーして将来指導者を目指す上で

よりいい経験をするには良いチャンスだと思う。

既にボランチでは小泉が台頭してきた事も勲を他のチームで

経験させるチャンスを得たと言えるし、

それだけ新潟が次の時代へ進むために必要な移籍だったと私は感じている。

将来新潟の監督してチームを率いるためにJ2で色々な経験をしてほしい。

これでアルビレックス新潟は次の時代へ進む事になった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。