19日Jリーグ14第15節が行われ、

アルビレックス新潟はアウェイ埼玉スタジアム2002で首位浦和レッズと対戦し

0対1でアルビレックス新潟が前半15分にDF松原のオウンゴールが

最後まで重く圧し掛かりGK西川のゴールを破れずに敗れ、

5勝3敗7分勝ち点22得失点差+2で暫定8位のままだった。

試合は前半15分にDF松原がクリアミスで先制を許すも

その後新潟は果敢に浦和ゴールに襲う。

しかしGK西川の前に決め切れず前半を折り返した。

後半立ち上がり浦和はゴールを狙うも守備が確り守ると

その後新潟が圧倒的にボールを支配し

浦和ゴール目がけてシュートを放つもGK西川の壁が厚くゴールを破れずに敗れた。

これでアルビレックス新潟は再開後の試合で

GK西川の壁に阻まれたが今後に繋がるサッカーは展開できた。
浦和相手に完全に力負けしたというなら仕方ないが、

少なくてもナビスコ、リーグ戦2試合で浦和の選手にゴールを許していない。

ただ不運にここというクリアが自陣のゴールに吸い込まれたにすぎないので

全体を通して悲観する事は無い。

全く歯が立たないという内容なら考える必要があるが、

オウンゴール以外は終始新潟が優勢の内容だったので

ゴールという結果が1度出れば選手達も自信を持ってプレーできると思う。

問題はそのゴールがいつ決まるかでもあるんだけれど、

今のプレーを継続して行けばそれほど時間は掛からないと思う。

7月は厳しい相手が続くだけに内容では相手に負けないようにしないと

ここで仮に負けても内容が伴っていれば必ず結果に結びつくのは

昨年経験済みなので今はやってきた事は絶対に信じてプレーする事だ。

次節はホームで東京と対戦する。

監督が代わってから初対戦となるが今のサッカーを継続すれば

必ず勝ち点3を掴める試合だと感じる。

ホームで勝ち点3を確実に手にしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。