12、13日サッカー天皇杯2014、2回戦が各地で行われ、

アルビレックス新潟はテクノポート福井スタジアムでサウルコス福井と対戦し、

8対1で新潟がFW武蔵のハットトリックなどで圧勝し順当に3回戦に駒を進めた。

試合は前半15分は相手の出方を観る展開だったが、

前半23分にFW武蔵のゴールで先制すると前半28分にFW岡本、

32分に武蔵、38分に岡本が決めて前半だけで4点リードを奪う。

後半も新潟の攻勢は続き、後半5分にFW武蔵がハットトリックを決めるが、

後半16分に福井に1点を返されたものの、

その後新潟はMF成岡、FW達也の2ゴールで引き離し

実力差を見せつけて3回戦へ駒を進めた。

これでアルビレックス新潟は3回戦でJ2長崎と対戦する事となり

3回戦の壁を4年ぶりに突破を目指す。
相手がカテゴリー4つ下の相手とはいえ

2年前には延長戦に持ち込まれた相手だっただけに

絶対に油断だけはできない相手だった。

ただ前半で4点リードを奪えた事であとは相手が前へ出てくるところを

仕留めるだけにしたのは前半でゴールを決める事ができたからだ。

もちろん1点や2点リードだったらどうなるかわからなかった。

そう考えれば武蔵、岡本が確り結果を出した事で完全にペースを握れた。

キャンプで課題だった得点力がこれで解消されればなお良いところだが、

前半残り3試合の相手が浦和、東京、川崎と3試合で勝ち点5を取れれば

御の字の相手だけにまず負けない事、

そして3試合で1勝2分け以上を目指す事が7月の目標値となる。

そして天皇杯は3回戦に進出したが3回戦はV・ファーレン長崎が相手だけに

守備が確りしておりかなり手強い相手だ。

昨年昇格プレーオフに昇格1年目で辿り着いた相手だけに

心して掛からないと確実にやられる。

勝てば前回王者柏との対戦が待っているだけに何としても3回戦を突破しよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。