7月8日スタートのドラマ「GTO」を視聴した。

このドラマは2012年に復活したGTOの続編で

今回は鬼塚の母校である湘南の高校を舞台に

鬼塚が今の生徒たちの授業を繰り広げるストーリーである。

2年ぶりに戻ってきた鬼塚が果たしてどんな授業をするのか注目だ。
2年ぶりに鬼塚が戻ってくるという事で2年ぶりにこの枠のレビューをする事にした訳だけれど、

初代でも劇場版で終わった事を踏まえると

まさか2度目の授業が行われるとは正直思わなかったんですよね。

前作はオリジナルを修正した作品でしたけれど、

今回は完全オリジナルという気持ちで視聴する事になると思います。

元々原作を読んでいる訳じゃないのでその意味では楽しみですね。

それでは鬼塚の授業をレビューしましょう。

キャスト

藤川ほなみ演じる比嘉愛未

他生徒以外主要キャストは同じメンバーでストーリーが進行する。

ストーリー

高校教師の鬼塚英吉は、明修学苑の傘下に入った地元・湘南の母校に赴任。

職員として学校に残るかつての担任教師・富士宮司に再会し、

母校を懐かしむ鬼塚に、理事長の桜井良子は大いに暴れて欲しいと頼む。

しかし、その言葉には何か含みがあるようで…。

鬼塚は、藤川ほなみが担任を務める2年A組の副担任に。

学級委員の葛木隆一や志条あゆなをはじめ、一見にぎやかなクラスだが、

不登校の宮地めいりのことになると空気が変わり…。

放課後、鬼塚は読者モデルをしている女子生徒・波多野麻理子が、

トイレでのどに指を突っ込んで昼食を吐いているのを目撃する。

その夜、親友の弾間龍二が湘南で始めたカフェに鬼塚が向かうと、

冴島俊行が「彼女ができた」と大喜びで生徒の麻理子を連れてくる。

しかし鬼塚を見て逃げ出した麻理子は、その後さらに別の男とラブホテルへ。

読者モデルの人気投票イベントで何としても勝ちたい麻理子は、

ライバルを蹴落とす捏造(ねつぞう)写真をでっちあげようとしていたのだが、

追ってきた鬼塚に踏み込まれて再び逃げ出す。

翌朝、校内は騒然としていた。

ラブホテルから出てきた鬼塚と麻理子の写真が匿名でばらまかれたのだ!

芹澤航平や成瀬つぐみを始め、生徒たちもざわつく。

明修学園から副校長として赴任してきた内山田ひろしは鬼塚にクビを宣告、

麻理子も鬼塚との仲を疑われ…。

以上フジテレビGTOHPより


今回は2年ぶりに教師に復帰した鬼塚は

母校が明修学苑の傘下に入った事で母校に戻る事になった。

当時の鬼塚を知る者は限られていたが、ここで何があったのかは次第に明かされていく。

そして赴任早々に鬼塚が問題に直面したのは

読者モデルをしている波多野麻理子という生徒だった。

鬼塚が偶然トイレで吐いているのを見つけた事で

鬼塚は麻理子と向き合う事になる。麻理子は読者モデルをしているものの、

ある事がキッカケで暮らすからいじめを受ける事になった。

それは麻理子が整形したというものだった。

当初はただ可愛い顔になっただけという感じで受け取っていた生徒たちだったが、

鬼塚は麻理子と接するうちに麻理子がかつて事故によってやけどを負っていた事実を知る。

それにより母親との関係も拗れてしまい鬼塚は

笑顔を失った麻理子に再び笑顔を取戻し乗り越えてほしいと真剣に向き合う。

当初は反抗していた麻理子だったが、鬼塚の言葉に次第に気持ちに変化をもたらし、

読者モデルの総選挙に現れた麻理子だったが生徒たちのいじめに

動じず麻理子はいじめを乗り越え自らの過去を乗り越えたのだった。

いじめは受けた方がどう乗り越えるかも1つの鍵になる。

それを鬼塚は過去は変えられない!

でも未来は変えられると麻理子に説いてみせたのだった。

鬼塚も過去を乗り越えて今がある訳でどうやって

過去を乗り越えるのかは人それぞれという事だ。

次回はある障害を持った生徒と鬼塚が向き合う。

果たして鬼塚は障害を持つ生徒にどう乗り越えろと説くのか?

その授業に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

GTO(2012) Blu-ray BOX
AKIRA
TCエンタテインメント
2012-12-26






GTO 完結編~さらば鬼塚! 卒業スペシャル~ [DVD]
AKIRA
TCエンタテインメント
2013-08-28