8日大河ドラマ「軍師官兵衛」第23話を視聴した。

今回は官兵衛が救出されて家臣、光、そして松寿丸との再会を果たし、

秀吉の計らいで信長と面会し、信長は裏切っていなかった事を詫び、

そして半兵衛の遺言で松寿丸を匿っていた事を知り、自らの判断ミスを認めた。

一方捕まっただしらは信長の怒りを買っており、

信長はまず村重の見せしめとして目の前で女子供を処刑し、

さらにだしらも三条河原で処刑された。

一方有馬温泉で療養していた官兵衛だったが元に戻らない足に一度は絶望し、

土牢の夢にうなされるも、松寿丸が半兵衛に預けられた軍配を官兵衛に渡すと、

官兵衛は自らに託された使命を感じ、再び戦線復帰を果たしたシーンがメインだった。
今回は1年ぶりに幽閉されていた土牢から救出された官兵衛は

家臣、光、秀吉、そして松寿丸との再会を果たした。

秀吉の計らいで信長と面会し、裏切っていなかった事を証明した事により

官兵衛は正式に信長に許され、

半兵衛の計らいで匿われていた松寿丸も許された。

一方逃げた村重はだしら一族が捕らわれた事で村重は追い込まれたが、

それでも降伏する事をせず、

信長はさらに見せしめとしてだしら一族皆殺しまで行っている。

信長にとってはこれまでの生い立ちからして

活かせば必ず自らの脅威になると判断した故の行為であり、

これまでの歴史から生かした結果平家は滅びたという歴史も甘味しているのは間違いない。

温情は自らの仇となるという事になるが、ここまでの処置もまた滅びの道を歩む事になる。

一方官兵衛は有馬温泉で療養するも如何せん1年間土牢に幽閉されていた事により

左足が動かなくなった。

この時代の武士にとって動けないという事は戦で

役に立てない事を意味していただけに官兵衛にとって絶望的になるも、

松寿丸が半兵衛から託された軍配を観た事により

官兵衛は半兵衛に託された想いを受けとり、1580年に戦線復帰したのだった。

次回は官兵衛を売った小寺政職を追い詰める。

果たして官兵衛は小寺政職をどう追い詰めるのか?その復帰戦に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。









大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.2
TVサントラ
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2014-06-25