11日大河ドラマ「軍師官兵衛」第19話を視聴した。

今回は村重の謀反により小寺政職も毛利に寝返り、

黒田家は一気に厳しい立場に陥った。

秀吉と光秀が説得に向かったものの結局説得できずもはやどうする事もできなかった。

そんな中官兵衛もまた苦渋の選択をしなければならなかった。

ここで毛利につけば松寿丸の命が危ない。

官兵衛は苦渋の決断で政職に村重を説得できれば

小寺が孤立するという事を告げて一旦は納得させるも、

秀吉、半兵衛が行く事を止めるが、官兵衛の強い決心に秀吉が行く事を承諾した。

しかし1人で乗り込んだ有岡城で官兵衛は政職の裏切りを知り、

村重に捕まってしまったシーンがメインだった。

今回は村重の謀反により小寺も寝返った事で難しい立場になった

官兵衛ら黒田家はこの局面をどう乗り切るべきか思案していた。

しかし元々小寺家に仕えた事で今がある黒田家にとって簡単に小寺を攻める事ができず、

かといって織田も裏切れない。

厳しい局面であるにもかかわらず官兵衛は死を覚悟で政職、

そして村重を説得しようと試みる。

政職については村重の説得次第という話だったが、

村重は既に秀吉、光秀の説得すらできなかった故に

もう説得は無理という見方が大半だった。

それでも行くという官兵衛の強い意志に秀吉は官兵衛を行かす事を認めた。

しかしこの状況では何人も一緒なので官兵衛1人で村重説得に向かった。

しかし村重はそこで政職に見捨てられた事を知らされるも、

それでも織田は裏切らないと断ると村重は官兵衛を捕えて牢にぶち込んだのだった。

次回は捕まった官兵衛はこれから1年という長きに渡り幽閉される事になる。

果たして官兵衛はこの人生最大のピンチをどう乗り越えて行くのだろうか?

その幽閉に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。