4日大河ドラマ「軍師官兵衛」第18話を視聴した。

今回は村重が播磨の一件で信長に事情説明をした。

この件で信長は村重を許し事なきを得る。

一方官兵衛は再び宇喜多直家に面会し、

ここで信長に付く事を進言するが、直家はまだ返事をしないと回答した。

一方石山本願寺に兵糧を村重の配下の兵が運び入れている事を知った村重は動揺する。

この噂を聞いた信長は光秀を派遣しその真意を確かめるが村重は否定する。

しかしますます疑念を持たれた村重はさらに不安が増大し、

ついに毛利の書状を受けた事でついに村重は謀反を決意したシーンがメインだった。
今回は村重が謀反を起こすまでのシーンが中心に描かれた訳だけれど、

信長にとっても村重の謀反で大きな混乱を受けた事は間違いなく、

まして摂津1国全てが寝返ったとなればさすがに簡単にはいかない。

当初は石山本願寺を和睦できなかった事から端に発しているんだけれど、

これまで数多くの所業を繰り返してきた信長の行いが

いずれ光秀の謀反へと繋がって行く事になる訳だが、村重の謀反はその一角である。

当然摂津が謀反となれば播磨は孤立する。

当然秀吉も播磨で孤立する事になりこの時点で秀吉は西に毛利、

東に村重と戦わなければならなかった。

そんな中官兵衛は直家に面会するが直家は何処にもつかないと信長に付く事を保留した。

直家も今信長につけば必ず毛利が攻めてくる

という計算もあっただろうから時を待っていたという事だ。

そして毛利も起死回生策として村重の謀反を促していた。

八方塞がりに成り掛けた村重にとって毛利の書状はある意味救いに感じたのかもしれない。

しかしこれにより官兵衛は再び播磨の混乱だけでなく、村重の謀反に巻き込まれていく。

次回はそんな村重を説得しようと単身乗り込んでいく官兵衛だったが、逆に捕えられてしまう。

果たして官兵衛はここから捕虜として何を想う事になるのだろうか?

そのやりとりに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。